M to Z

「RIDE THE LIGHTNING」 METALLICA




1.Fight Fire With Fire
2.Ride The Lightning
3.For Whom The Bell Tolls
4.Fade To Black
5.Trapped Under Ice
6.Escape
7.Creeping Death
8.The Call Of Ktulu

メタリカの出世作。@のように鬼のように早い曲があるかと思えば、Cのようなメロディアスな面もありメタリカの幅広い音楽性が見える。
後にぞろぞろと出てくるヘヴィーバンドとはこのような部分が違うのだろう。
@のアコースティックで始まるイントロも最高だ。


「MASTER OF PUPPETS」 METALLICA




1.Battery
2.Master Of Puppets
3.The Thing That Should Not Be
4.Welcome Home(Sanitarium)
5.Disposable Heroes
6.Leper Messiah
7.Orion
8.Damage,Inc

メタルの教科書的なアルバム。メタル好きならとりあえずは聴いておきたいアルバムでしょう。といっても管理人はこのアルバムのよさに気づいたのは、
メタルを聞き出してからだいぶたってからだけど。@Aはとりあえず泣く子も黙るメタルアンセムです。
Aの中間部のギターのハモリを歌い、マスターマスター叫ぶのが正しいメタラーの姿かも。
正直この曲はアルバムで聴くとそれほどイイ曲とは思えませんが、ライブで聴くと1億倍はかっこいいので、ライブ盤を聴くべし。

Fの中間部のメロディーはめちゃくちゃ好きで、このアルバムはここばっかり聴いていました。
学生時代にサークルの合宿で長野に行った時に、酔い覚ましに外で見た空一面の星空を思い出します。
なんかいい思い出です。


「...AND JUSTICE FOR ALL」 METALLICA




1.Blackened
2...And Justice For All
3.Eye Of The Beholder
4.One
5.The Shortest Straw
6.Harvester Of Sorrow
7.The Frayed Ends Of Sanity
8.To Live Is To Die

9.Dyers Eve
10.The Prince

音質はベースはほとんど聞こえないし、スネアはスカスカと最悪だが、曲の出来は素晴らしい。
@は空耳アワーで「バケツリレー、水よこせー」というフレーズで有名。@はメタリカ史上でも素晴らしい曲だと思う。

このアルバムは曲が長いとか、変拍子を多用しているとかであまりいい評判を受けなかったが、実は管理人が一番好きなアルバム。
Eとかの怪しいアルペジオが、非常にメタリカらしさを感じさせ、ギターでよく弾いてます。
関係ないのだが、このアルバムの曲はすべて歌詞が難しい。というか日本人になじみのない単語が多用されているので、あまり歌詞が覚えられない・・・

「LIVE SHIT」  METALLICA
       CD & DVD




CD

Disc1  
1.Enter Sandman
2.Creeping Death

3.Harveester Of Sorrow
4.Wlcom Home(Sanitarium)
5.Sad But True

6.Of Wolf And Man


7.The Unforgiven
8.Justice Medley
Eye Of The Holder/Blackened
The Frayed Ends Of Sanity
...And Justice For All


Disc2
1.Through The Never
2.For Whom The Bell Tolls
3.Fade To Black
4.Master Of Puppets
5.Seek & Destroy
6.Whiplash


Disc3
1.Nothing Else Matters
2.Wherever I May Roam
3.Am I Evil?
4.Last Caress
5.One
6.Battery
7.The Four Horsemen
8.Motorbreath
9.Stone Cold Crazy

DVD

Disc1  
1.Introduction
2.Enter Sandman
3.Creeping Death
4.Harveester Of Sorrow
5.Wlcom Home(Sanitarium)
6.Sad But True
7.Wherever I May Roam
8.Jason Bass Solo (Orion)
9.Through The Never
10.The Unforgiven

11.Justice Medley
Eye Of The Holder/Blackened
The Frayed Ends Of Sanity
...And Justice For All
12.Lars Dumsr Solo
13.Kirk Guitar Solo&Jam (Mistreated)
14.The Four Horsemen
15.For Whom The Bell Tolls
16.Fade To Black

17.Whiplash
18.Master Of Puppets
19.Seek & Destroy
20.One  
21. Last Caress
22.Am I Evil?
23.Battery
24.Stone Cold Crazy
Disc2
1.Blackened
2.For Whom The Bell Tolls
3.Welcom Home(Sanitarium)
4.Harveester Of Sorrow
5.The Four Horsemen
6.The Thing That Should Not Be
7.Jason Bass Solo
8.Master Of Puppets
9.Fade To Black
10.Seek & Destroy

11....And Justice For All
12.One
13.Creeping Death
14.Kirk Guitar Sole(Little Wing)
15.Battery
16.Last Caress
17.Am I Evil?
18.Whiplash
19.Bread Fan


2003年メタリカ来日を記念して、再発売されたBOX。3本組だったビデオが2枚組みのDVDに。
値段も以前は19,800円だったのが、9,500円にプライスダウンしているし、DVDの方がいいので、来日公演のライブ終了後即購入。

CDは1993年2月25,26,27日と3月1,2日のメキシコでのライブ。
DVDはDisc1が1992年1月13,14日のサンディエゴでのライブ。
Disc2は1989年8月29,30日のシアトルでのライブ。

3つのライブを完全収録していて、どの曲もスタジオよりかっこよくメタリカがライブバンドであることがわかります。
Disc2の1989年のライブは最もメタリカがとがっていた時期で,ジャスティスで女神像が崩れるところなんてもう凄すぎる。

DVDのDisc1Fで管理人の大好きな'
Orion'をやっていてめちゃくちゃ感動した。なんてメロディアスなんだ。クリフは天才ですね。惜しい人を亡くしたものです。
もし持っていない人がいるならこのライブは限定なので買いでしょう。DVDできれいな映像だし、値段も安くなっているしね。収録曲の多さにお腹一杯です。


「METALCRAFT」  METALLICA





Disc1
1.So What
2.Master Of Puppets
3.King Nothing
4.Sad But True
5.G Solo〜Fuel 
6.Memory Remains

7.Bleeding Me
〜My Friend Of Mistery
/〜Welcome Home
8.Bass Solo
9.Nothing Else Matters
10.Until It Sleep
11.For Who The Bell Tolls
Disc2
1.Wherever I May Roam
2.One
3. Kill/Ride Medley
〜Ride The Lightning
〜No Remorse/〜Hit The Lights
〜The Four Horsemen/〜Seek And Destroy
〜Fight Fire With Fire

4.Low Man's Lyric
5.The Four Horsemen
6.Motorbreath
7.Creeping Death
8.Enter Sandman
9.Battery

1998年4月24日のソウルでのライブ。日付はクレジットが無いので想像ですが・・・
曲間の ところどころでノイズが載るが、全体的には良好な音質。
Disc2C〜Eはアコースティックにて演奏される。アコースティックのEなど想像もつかないが、意外といい感じです。
'One'はライブだと非常に格好いい。というか4thアルバムの音が最悪だったため、ライブで聴くと曲の良さが光る。


「TOKYO NIGHT」   MICHAEL SCHENKER GROUP





1.Opennig Se
2.Armed And Ready
3.Cry For The Nations
4.Attack Of The Mad Axeman
5.I Want More
6.Victim Of Illusions
7.Into The Arena
8.On And On
9.Cozy Powell Drum Solo
10.Ready To Rock

1981年8月12日の武道館公演のサウンドボード録音。これまた推測・・・解説になっていませんね。しかし、判らないものはしょうがない。
voはGary Bardenでうまくは無いが、この時期が最強でしょう。Fのエンディングソロなど何回聴いても感動する。こんなギターを弾きたいものです。

「GO FOR WHAT YOU KNOW」  PAT TRAVERS BAND LIVE・・・・ 




1.Hooked On Music
2.Gettin' Betta
3.Go All Night
4.Boom Boom (Out Goes The Lights)
5.Stevie
6.Makin' Magic
7.Heat In The Street
8.Makes No Difference

Guitar WarsでAがカバーされ、一気に有名になった感のあるパット・トラバースのライブアルバム。
いろいろなサイトであれ誰の曲?という質問が多発しているので紹介しときます。Drがトミー・アルドリッチなので、スーパーバンドと呼ばれることもあるようだ。
ヌーノのファンキーさはここからも影響を受けていることがわかる。パットスロールと掛け合いなどもあり、迫力のある演奏だ。
ヌーノも1991年のYGのインタビューで好きなアルバムで挙げてました。
ブルース系のこの人がシュラプネルレーベルに在籍していることを知っていますか?これは要チェックです。

「UNSUNG HEROES」  THE DREGS




1.Cruise Control
2.Divided We Stand
3.I'll Just Pick
4.Day 444
5.Rock & Roll Park
6.Attila The Hun
7.Kat Food
8.Go For Baroque

ペトルーシも大好きなスティーヴ・モーズの在籍したドレッグスのアルバム。こういう音楽はブルーグラスと言うのでしょうか。Bのイントロなんて弾けたらかっこいいだろうな。
@はACOSでDTがカバーしていたので、有名か。バイオリンやピアノがアルプスの少女ハイジで描かれていたような山の中を思い起こさせる。

Gのメロディーラインの美しさは卒倒しますよ。次作「Industry Standard」でグラミー賞を取るのは当然でしょう。メタルではまったくないが美しい曲です。


 OZZY OZBOURNE

「DIARY OF A MADMAN」 OZZY OZBOURNE




1.Over The Mountain
2.Flying High Again
3.You Can't Kill Rock And Roll
4.Believer
5.Little Dolls
6.Tonight
7.S.A.T.O
8.Diary Of A Madman

オジーのセカンド。というかランディー在籍の最後のスタジオアルバム。
楽曲的には前作ほどのインパクトはないが、Gなどのアルペジオはランディーが天才であることを再認識させられる。
ランディーはこのアルバムのギターソロは時間がなかったため不満らしいが、@やFのソロなどは素晴らしすぎます。



「TRIBUTE」 OZZY OZBOURNE




1.I Don't Know
2.Crazy Train
3.Believer
4.Mr.Crowley
5.Flying High Again
6.Revelation(Mother Earth)
7.Steal  Away(The Night)〜Dr Solo
8.Suicide Solution 〜 G Solo
9.Iron Man
10.Childrean Of The Grave
11.Paranoid
12.Goodbye Romance

13.No Bone Movies
14.Dee (Randy Rhoads Studio Out-Takes)

1981年5月11日カナダのクリーブランドはミュージック・ホール公演を元に収録しているオフィシャルライブ。しかし、GのGソロは1981年7月28日の公演の差換えです。
結構つぎはぎされているのかもしれませんが、差換えられていても内容は最高です。
カール・オルフの「カルミナ・ブラーナ」から始まり@のリフが入るともう感動。そこから最後までまったく緊張をとく暇なし。
Kのソロでなんてメロディアスなギターソロかと感動し、Mのランディーの声に涙しました。
'Dee'は最も美しい曲で今でもよくギターで弾く曲です。


「COMPLETE LEGACY」 OZZY OZBOURNE





1.I Don't Know
2.Crazy Train
3.Believer
4.Mr.Crowley
5.Suicide Solution
6.Flying High Again
7.Revelation(Mother Earth)
8.Steal Away
9.Tommy Aldridge Drum Solo

10
.Iron Man
11.Childrean Of The Grave
12.Paranoid
13.Believer
14.Mr.Crowly
15.Flying High Again

@〜Kは1981年7月28日カナダでのL〜Nは1981年4月22日のアメリカでのサウンドボード録音。
やはり、オジーといえばランディーでしょう。ランディーのギターは多少荒いところもあるが、メロディアスで感動します。
差し替えなしで、意外とオジーが歌えている(うまくはない)のに別の意味で驚きます。

RAINBOW

様式美=RAINBOW

以上


「RAINBOW RISING」  / 邦題  虹を翔る覇者




1.Tarot Woman
2.Run With The Wolf
3.Starstruck
4.Do You Close Your Eyes
5.Stargazer
6.A Light In The Black

ジャケット・邦題・曲すべてにおいて完璧な2ndアルバム。
様式美って何?
という質問にはこのアルバムを投げつけることが回答になるでしょう。
とはいっても、管理人も最初聴いた時はEのユニゾンがかっこいいぐらいというぐらいしか認識がなかった。
Kill The Kingとかのようなわかりやすい曲も入っていないから・・
でも今では@のイントロとかぞくぞくします。 どっぷり様式美人間に(笑)それまで様式美ってギターが速いことだと思ってましたから!

トニーカレイってかっこいいKey弾くのに、あまり有名でないな。かわいそうに。リッチー・ロニー・コージーが凄過ぎて影が薄い。でもEは弾いていないんだ。はじめて知った。
アルバムもいいんだけど、ライブだよ。ライブ。パープルは結構だるいインプロヴィゼーションが長いが、Rainbowはスリリングです。おかげでブート買い漁るはめに・・・・

「ON STAGE」





1.Intro Over The Rainbow
〜Kill The King
2.Man On The Silver Mountain
3.Blues
4.Starstruck
5.Catch The Rainbow
6.Mistreated
7.Sixteenth Century Greensleeves
8.Still I'm Sad

"We're Not In Kansas Anymore...     We Must Be Over The Rainbow....."
ドロシーちゃんの声からはじまる感動のライブ盤。1976年の日本公演とドイツ公演の寄せ集めだが、そんなことは全く気になりません。
当時Kill The Kingはアルバム未収録だったのに、すげえ、かっこよすぎるぞ。リッチー。
このアルバムの@がなければ今のハードロックバンドはほとんど存在していないかもしれません。

って絶対どっかにStargazerコージーのソロの音源あるだろ。レコード会社の関係者がこんなマイナーHP(笑)見ているとは思わんが言わせてもらう。
MSGでできたんだから、今からでも遅くないから完全版を発売しなさい。絶対バカ売れするって。下手すれば10万枚いくと思う。だから出して。

ほんでもって、NHKはもう一回ヤングミュージックを放映しろ。KISSしたんだからやれ!さもなければ、受信料拒否するぞ(笑) ってお願いします。 m(_ _)m
今のNHKの不祥事でかなり批判があるようだが、Rainbow放送したら絶対中年からの支持絶大になるって。ヨン様に媚売らなくても大丈夫だ。保障する。


「NEWYORK IN THE BLACK」 RAINBOW




Disc1
1.Intro (Over The Rainbow)
2.Kill The King
3.Mistreated
4.Sixteenth Century Greensleeves
5.Catch The Rainbow
Disc2
1.Man On The Silver Mountain
2.Keyboard Solo
3.Stargazer
4.A Light In The Black
5.Still I'm Sad (inc. Dr Solo)
6.Do You Close Your Eyes
7.Outro (Over The Rainbow)

1976年6月17日、NYでのオーディエンス録音。あまり音質はよくなく、リズム隊の音はあまり聞こえない。ときどきテープの音程が怪しくなる。
しかし、初期の貴重なライブということでよしとしよう。やはりDisc2のBからCへのメドレーはかっこいい。
リッチーものりのりでDisc2@など調子に乗りすぎて、一度やり直したりしています。
管理人が生まれる前の音なのに、なんてかっこいいんだ。「Rainbow」や「Led Zeppelin」みたいなバンドのライブをリアルタイムで見ている人が心底うらやましい。

今の時代にはこんなアーティストはいるだろうか。
やはり本物の音楽は売れるということをしっかり認識して、今後もブートだけでなくオフィシャルでの発掘音源を期待します。


「WHEN EVENING FALLS」 RAINBOW





Disc1
1.Over The Rainbow
2.Kill The King
3.Mistreated
4.Sixteenth Century Greensleeves
 
5.Catch The Rainbow
6.Lazy〜 Man On The Silver Mountain7.Blues〜 Starstruck〜 Man On The Silver Mountain
Disc2
1.Tony Carey Keyboard Introduction
2.Stargazer
3.Still I'm Sad (incl.Tony Carey Organ Solo)
4.Cozy Powell Dr Solo(incl. 1812 Overture)
 
5.Still I'm Sad (Return)
6.Do You Close Your Eyes
7.Over The Rainbow

1976年初来日公演のツアー最終公演となる12月16日、東京武道館・夜の部が、オフィシャル級のサウンドボード音源で収録。このCDの発売が2002年最大の衝撃といわれています。
Disc1@AとDisc2EFがオーディエンス録音に差換えられているが、そんなことがまったくマイナスになりません。あまりのすばらしさに泣きそうになります。

このアルバムを聴くまでは、管理人は「Rainbow」といえばジョー・リン・ターナー時代だったのですが、一気にロニーにはまりました。こんなすばらしい音源が聴けて幸せです。
コージーのソロも完全収録。こういうのをオフィシャル・サウンドボードで出して欲しいんだけどな。







A To Z  F to L  M to R  S to Z プログレ・AOR 音楽に戻る


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO