S to Z

「IN GOD WE TRUST」 /STRYPER




1.In God We Trust
2.Always There For You
3.Keep The Fire Burning
4.I Believe In You
5.The Writings On The Wall
6.It's Up To You
7.The World Of You And I
8.Come To The Everlife
9.Lonely
10.The Reign

黄色と黒の縞々の格好をしているが、阪神ファンではありません。クリスチャン・メタルというジャンルを作り出した(?)ストライパーのヒット作。歌詞も神への賛美ばかりです。
ある意味マノーウォーと同じぐらい濃いバンドです。
今で言うとビジュアル系になるのでしょうか?裏面のメンバー写真ははっきりいって気持ち悪いです。
しかし、アルバムの内容は最高です。はっきりいって捨て曲なし。マイケル・スィートの美しい歌声にどんな暑さも吹っ飛ぶさわやかさ。特にCの声は異常なほどさわやか。
このアルバムは絶対買って損はしません。Bon JoviやMr.Bigがいいと思うなら絶対抑えるべきアルバムです。Aは名曲中の名曲で感動できますが、このアルバムが廃盤の恐れが・・・
何度も言いますが、レコード会社頼むで。再発して!

「THE DIVINE WINGS OF TRAGEDY」 /SYMPHONY X




1.Of Sins And Shadows
2.Sea OF Lies
3.Out Of The Ashes
4.The Accolade
5.Pharaoh
6.The Eyes Of Medusa
7.The Witching Hour
8.The Divine Wings Of Tragedy
9.Candlelight Fantasia

これはいい曲が沢山あります。ロイヤルハント的なクラシカルさとインペリテリのリフという感じの音楽です。
ギターは相変わらず超絶技巧の限りですが…
このバンドの恐らく最高傑作です。大体1,2曲いい曲あるけど他はちょっとなぁと言うシンフォニーXの定説を打ち砕くアルバム!
Bのリフはめちゃカッコイです。今まではマイケル・ロメオのギター以外は聴き所がなかったのですが、一皮向けた。

「TWILIGHT IN OLYMPUS」 /SYMPHONY X




1.Smoke And Mirrors
2.Church Of The Machine
3.Sonata
4.In The Dragon's Den
5.Through The Looking Glass(Part1,2,3)
6.The Relic
7.Orion -The Hunter
8.Lady Of The Snow

脅威の速弾きマイケル・ロメオ率いるシンフォニーXの4枚目。このアルバムは何といっても強烈な@に尽きる。
まるでインギーのDemon's Driverを倍難しくしたようなスイープからはじまリます(笑)
アルバムジャケットはDTのI&WやAWAKEを手がけているダニエル・ミューロ。まるでAWAKEの彫刻みたいでしょ?
まさにインギー+DTと言う感じですが、ちょっと中途半端かな。いい曲があれば…
ギターオタクにはたまらないアルバムですけど。

「SYMPHONY X /MONTREAL 4.14.2001」
  DVD-R

1.Opening
2.Evolution (The Grand Design)
3.Fallen
4.Communion and the Oracle
5.Guitar Solo
6.Egypt
7.Inst ?
8.Church Of The Machine
9.Smoke and Mirrors
10.Ba Solo
11.Sea Of Lies
12.Inst ?
13〜16.The Divine Wings Of Tragedy
Encore
17〜19.Through the Looking Glass (PartT,U,V)
20.Of Sins And Shadows

2001年4月14日モントリオールでのオーディエンスショット。
曲の区切りはブートDVDらしく、めちゃくちゃです。
前編恐ろしいまでのマイケル・ロメオのギターが炸裂してます。
名曲Hで音とびがあります。Pは画像が途中でフェードアウトする部分があります。


TNT


「INTUITION」 /TNT




1.A Nation Free (Intro)
2.Caught Between The Tigers
3.Tonight I'm Falling
4.End Of The Line
5.Intuition
6.Forever Shine On
7.Learn To Love
8.Ordinary Lover
9.Take Me Down (Fallen Angel)
10.Wisdom

北欧メタルって何?と言われたらこのアルバムを差し出すでしょう。『美』という言葉しか出てきません。
TNTは他のジャケは激しくダサいのにこのアルバムだけは、北欧を感じさせます。ジャケット・曲・音質完璧なアルバムです。
冒頭の壮大なコーラスから始まり聴き終わるとまるで映画を見終わったかのような感覚があります。

ライナーにもありますが、聴いていて心が洗われるということはそうありません。Bを聴くと心があらわれます。これは絶対聴くべきアルバム!
他に言う事はありません。忙しい日々を過ごしていてもこのアルバムを聴くと時が止まり北欧の美しい風景が頭の中に駆け巡ります。
まさにノルウェーの奇跡。このアルバムのおかげでノルウェーが好きになること間違いなし。


「A NATION FREE WORLD TOUR '89」 / TNT




Disc1
1.Overture
2.A Nation Free
3.As Far As The Eye Can See
4.Caught Between The Tigers
5.Listen To Your Heart
6.Seven Seas
7.Tonight I'm Falling
8.End Of The Line
9.Ready To Leave
10.Ronni Le Tekro Solo
11.Intuition
Disc2
1.Child's Play
2.Desperate Night(incl B・Dr Solo)
3.10,000 Lovers (In One)
4.Forever Shine On
5.Last Summer's Evil
6.Take Me Down
7.Break The Ice
8.Everyone's A Star

名盤『INTUITION』発売後の1989年8月14日の東京公演の良質のオーディエンス録音。が、日付はちょっと疑ってます。この日にライブあったのかな。。
8月12日に渋谷公会堂、8月17日東京(新宿)厚生年金ホールがあったのは確実。この17日はビデオで後に発売されました。実家帰ったらYGとかで日付調べます。。

ギターソロ以外はコンパクトな曲ばかりで冒頭からこれはベストか?と思うくらい素晴しい曲と演奏です。がロニーのソロは正直いりませんけど(笑)
こんな素晴しい演奏しているのにアメリカで売れないとは… EUROPEと何が違ったのでしょうか。あっちは湿っぽさがありますが、TNTは透明感があってどっちもいいんですけどね。
観客も黄色い声(笑)が多く、女性に人気があったバンドですね。トニー・ハーネルの天まで突き抜けるかのようなハイトーンに号泣です。

「REALIZED FANTASIES」 /TNT




1.Downhill Racer
2.Hard To Say Goodbye
3.Mother Warned Me
4.Lionheart
5.Rain
6.Purple Mountain's Majesty
7.Rock 'N' Roll Away
8.Easy Street
9.All You Need
10.Indian Summer

TNTの中では「INTUTION」が名盤とされていますが、オイラは声を大にして言います。一般的にこのアルバムはアメリカナイズされていて、
TNTの透き通るような美しさがなくなった駄作とされていますが、大きな間違いです。
曲もよく、トニー・ハーネルも無理なハイトーンを出しておらず、どの曲も心地よい程度のハイトーンで、曲の良さを引き出しています。
そういえば、DTのラブリエはトニー・ハーネルを知らなかったらしいが、来日時にかなり意識していたらしい。誰かに似ているといわれたんでしょうか?
言われてみれば似ているような。トニー・ハーネルなら'Another Day'歌えるかも。カバーしてくれたらいいのに。

戦場のメリークリスマスのイントロをちょっとパクッてはいますが、アコースティックで演奏されたCなど最高です。Dもクイーンぽいコーラスが心地良い。

「RETURN TO FANTAGY」 /TNT




Disc1
1.Intro
2.Purple Mountain's Majesty
3.Hard To Say Goodbye
4.Downhill Racer
5.As Far As As The Eye Can See

6.Intuition
7.Ordinary Lover/Easy Street
8.Caught Between The Tigers
9.Ronnie Le Tekro Guitar Slolo(Fast)
Disc2
1.Ronnie Le Tekro Guitar Slolo(Slow)
2.Forever Shine On
3.10,000Lovers (In One)
4.John Mac Drums Solo
5.Indian Summer

6.All You Need
7.Lionheart
8.Seven Seas Incl.Member Introduction
9.Mother Warned Me
10.Everyone's Star

1992年8月24日、中野サンプラザでのLANGLEY史上最高の、完全にこのままオフィシャルライブ盤としてリリース可能なレベルの超高音質ステレオ・サウンドボード録音で完全収録だそうです(笑)
同じツアーからオフィシャルで発売されている「Three Nights In Tokyo」が全く必要なくなるほどの内容です。ミキサー直のマスターかららしいのでライブアルバム用のものでしょう。
TNTってこんなにすごいバンドだったのか!と思わずにはいられません。とにかくギターの音がすごく生々しいし、トニーのハイトーンも突き抜けていてすごい。。
全HRファンに聴いて欲しいです。特にRealized Fantasiesがよくないと思っているファンに…

 VANDENBERG

「ROLL THRU THE NIGHT」 /VANDENBERG




1.Ready For You
2.Lost In A City
3.Your Love In Vain
4.Out In The Streets
5.Roll Thru The Night
6.Burning Heart
7.Too Late
8.Friday Night
9.Time Will Tell
10.Different Worlds
11.Guitar Solo〜Wait
12.Rock On
13.Waiting For The Night

@〜Fまでが1983年3月3日テキサス州ヒューストン。G〜Lまでは1984年6月20日東京中野サンプラザでの高音質のサウンドボード。
めちゃくちゃ懐かしい。今エイドリアンは何をしているのでしょうか。わけのわからないブルースなどやめて、Eのような曲をまたやって欲しい。
ちなみにGはDAITAがはじめてギターでコピーした曲らしい・・・

「PRIDE」/ WHITE LION




1.Hungry
2.Lonely Nights
3.Don't Give Up
4.Sweet Little Loving
5.Lady Of The Valley
6.Wait
7.All You Need Is Rock N Rol
8.Tell Me
9.All Join Our Hands
10.When The Children Cry

プチ・エディー・ヴァンヘイレンと呼ばれたヴィト・ブラッタの在籍したバンド。アメリカのバンドだが、ヨーロッパっぽい音です。
例えるなら、Bon Joviの'Runaway'のような湿っぽさがあります。Gのヴィトはめちゃメロディアスなタッピングをするのが特徴的で、大学生の頃1曲コピーしたのだが、
めちゃくちゃテクニカルだった。何かのインタビューで便所でもGを練習していたって読んだ気がする。
はっきり言ってEとか良い曲があるのだが、メンバーに売れる程花がなかったのがそれほど大ブレイクできなかった理由かも。

「METAL FOR TWO VOL.2」 WINGER/TRIUMPH




WINGER
1.Madalaine
2.Loosen Up
3.Miles Away
4.Easy Come Easy Go
5.Seventeen
6.Headed For A Heartbreak
7.Can't Get Enuogh
TRIUMPH
8.Tears In The Rain
9.Somebody's Out There
10.Allied Forces
11.Lay It On The Line
12.Midsummer's Daydream
13.Follow Your Heart
14.Take A Stand
15.Fight The Good Fight

ウィンガーとトライアンフという組み合わせのブート。
@〜Fは1990年
G〜Nは1987年ともにミシガンでのライブ。
両方ともいい音のオーディエンス録音だが、詳細についてはまったくわかりません。
懐かしいとしか感想がないのだが、Eは名曲です。古きよき80年代を感じさせるアルバムです。

YNGWIE MALMSTEEN

「BIRTH OF THE SUN」 /RISING FORCE




1.Merlin's Castle
2.Birth Of The Sun
3.Speed And Action
4.Dying Man
5.Suite Opus V
6.Voodoo Nights

マルセル・ヤコブが自分の手元にあったテープからマスタリングを施し、16歳のインギーのプレイが聴ける音源として発表したものなので、インギー側からみると一応ブートです。
勝手に発売したので、イングヴェイが許すはずもなく、激怒。泥沼になりそうです。
voは最高級に下手だが、ギターは超一流。やはりインギーは天才です。
性格が悪かろうと、デブであろうと彼は最高のギタリストであることは間違いないと確信できます。

「STEELER」 /STEELER




1.Cold Day In Hell
2.Backseat Driver
3.No Way Out
4.Hot On Your Hells
5.Abduction
6.On The Rox
7.Down To The Wire
8.Born To Rock
9.Serenade

イングヴェイの世界デビューアルバム。しかし、日本盤は出ていない。スウェーデンからアメリカにやってきてロン・キール率いるキールに加入しデビュー。
しかし、当然Gのインギーのみ目立ち、あっさり脱退した。曲は普通のLAメタルですが、Cなどデビューアルバムなのにギター独演が入っているなんて。
インギーのソロの原型がすべて入っています。タッピングをしているところが時代を感じさせます。


「YNGWIE J. MALMSTEEN'S RISING FORCE」




1.Black Star
2.Far Beyond The Sun
3.Now Your Ships Are Burned
4.Evil Eye
5.Icarus's Dream Suite Opus 4
6.As Above, So Below
7.Little Savage
8.Farewell

これを名盤と呼ばずして何を名盤と呼ぶのでしょう。クラシカルキングのイングヴェイのソロアルバム。
速いだけとよく言われますが、Dの美しさやAの疾走感を聴くと、美しいメロディーがあちこちにあります。、ギターが速いということももちろん驚きますが、メロディー満載の名盤。

もちろん全ギタリスト必聴です。

彼の出現以来、ギタリストは全体的にテクニックアップ。恐らくジミヘン、エディーの登場時の時でもこれほどギタリストに影響を与えたことはないだろう。
エディー・ジミヘンがコピーできないからインギーをみんなコピーするというのは違うと思う。
まねをするギタリストは続出するが、テクニックのみでイングェイの本質のメロディーや絶品のチョーキングビブラートをコピーしているギタリストを管理人は知らない。

そのナイスな性格から、悪口ばかり言われるが、みんなインギー好きでしょ?


「BURNNING OF LOVE '85」 YNGWIE MALMSTEEN'S RISING FORCE




Disc1
1.Prelude
2.I'll See The Light Tonight
3.Caught In The Middle
4.As Above, So Below

5.Don't Let It End
6.Far Beyond The Sun
7.On The Run
8.Black Star
9.I'm A Viking
10.Anguish And Fear
11.Drums Solo
12.Little Savage
13.keyboads Solo
Disc2
1.Keyboards Solo
2.Kree Nakoorie
3.Guitar Solo
4.Discliples Of Hell

5.Kojyoh-No-Tsuki
6.Now Your Ships Are Burned
〜Jet To Jet

1985年1月22日大阪厚生年金ホールでのオーディエンス録音。音質はいまいちだが、全盛期のイングヴェイのピッキングが冴え渡る。
やはりこの頃のインギーは神でしょう。voはジェフ・スコットソート。同日本ツアーでチェイシングイングヴェイというタイトルのビデオが発売されているが、それとは別音源です。

「HIGHWAY STAR」




Disc1
1.Rising Force
2.Liar
3.Queen In Love
4.Deja Vu
5.You Don't Remember I'll Never Forget
6.Street Of Dreams
7.Jens Keyboards Solo
8.Crystal Ball
9.Yngwie Solo
10.Adagio
11.Far Beyond The Sun
12.Bary Bass Solo
13.Heaven Tonight
14.Now Is The Time
15.Anders Drums Solo
Disc2
1.Fury
2.Yngwie Solo
3.Trilogy Suite PP:5
4.Krakatau
5.Yngwie Solo
6.Beethoven's 5th Symphony
7.Yngwie Solo
8.Fuge BWV.578
9Dreamnig (Tell Me)
10.Faster Than The Speed Of Light
11.Air
12.Black Star
13.Highway Star
14.Smoke On The Water

1988年8月17日大阪フェスティバルホールでのオーディエンス録音。いきなりジョーが1曲目から2番の入りを間違えてますが(笑)
元ソウルメイトで演奏してます♪タイトル通り16年前ココで演奏された曲と言うHRファン号泣のMCからHighway Starへ。
Mは1988年8月23日の横浜文化体育館公演から。


「KISS THE SKY」




Disc1
1.Hey Joe
2.Liar
3.Demon Driver
4.Meaking Love
5.I'll See The Light Tonight
6.Bedroom Eyes
7.Deja Vu
8.You Don't Remember I'll Never Forget
9.Judas
10.Yngwie Solo
11.Icarus Dreams Suite OP.4
12.Far Beyond The Sun
13.Band Intro
14.Ob-La-Di Ob-La-Da
15.Fuge BWV.578
16.Dreaming(Tell Me)
17.Queen In Love
Disc2
1.Keyboards Solo
2.Crystal Ball
3.Trilogy Suite OP.5
4.Karakatau
5.Yngwie Solo
6.Blues
7.Beethoven's 5th Symphony
8.Yngwie Solo
9.Jam
10.Drums Solo
11.The Swedish Anthem
12.Save Our Love
13.Heaven's Tonight
14.Air
15.Black Star
16.Spanish Castle Magic
17.Purple Haze

1990年6月21日の東京公演のオーディエンス録音。が、このレーベルの日付は全部疑わしい(笑)音質はよくもなく悪くもなく。ただ名曲Save Our Loveでノイズが入っているのが残念か。
voはヨラン・エドマンです。ヨランが歌うDisc1Fも中々いいですね。
こうして聴いてみるとエクリプスはいいアルバムですね。やっぱりDisc2Kでしょうね。イングヴェイが速く弾いているだけとか言う人の神経がわかりません。
Disc2OはSee You In Hellとクレジットされていてすげー期待しましたが間違いです(涙)




A To E  F to L  M to R  S to Z プログレ・AOR 音楽に戻る




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO