クラシカル系

とりあえずロート兄弟で行こうかと… 工事中です


ULI JOHN ROTH


「In Trance」



1.Dark Lady
2.In Trance
3.Life's Like A River
4.Top Of The Bill
5.Living And Dying
6.Robot Man
7.Evernig Wind
8.Sun In My Hand
9.Longing For Fire
10.Night Lights

ウリ加入後初アルバムで、スコーピオンズの2作目。このアルバムを評するなら、「ど演歌」です。
Bなんて「人生は川の如し」 あーあー川の流れのよーに♪
って感じです。日本的な泣きがあります。しかし、暗いですね。。
@の途中のギターのハモリがお気に入りです。


「FLY TO THE RAINBOW」



1.Speedy's Coming
2.They Need A Million
3.Drifting Sun

4.Fly People Fly
5.This Is My Song
6.Far Away
7.Fly To The Rainbow
 

マイケル・シェンカーとウリの共作のFに悶絶してください。…
イントロのアコギも素晴らしいです。いつぞやのGuitarの日本語版のスコーピオンズ特集でイントロの譜面が載っていて
友人のウリオタクとドロップDにして練習してました。



「VIRGIN KILLER」




1.Pictured Life
2.Catch Your Train
3.In Your Park

4.Backstage Queen
5.Virgin Killer
6.Hell-Cat
7.Crying Days
8.Polar Nights
9.Yellow Raven
 

ました。発禁ジャケット(笑)
これまた暗い・暗い・暗い。Hを聴いていたら欝になります。。。。
でもこのアルバムホント超いいです。何でお前が歌うんだ!という突っ込みは入れざるを得ないですが、
そのマイナスを差し引いても好きなアルバムです。


「TAKEN BY FORCE」 SCORPIONS





1.Steamrock Fever
2.We'll Burn The Sky
3.I've Got To Be Free
4.The Riot Of Your Time
5.The Sails Of Charon
6.Your Light
7.He's A Woman - She's A Man
8.Born To Touch Your Feelings
9.Suspender Love
10.Polar Nights (Live From The Tokyo Tapes)

スコーピオンズでのウリ最後のスタジオアルバム。これはAとDにつきます。なんていい曲なんだー♪Dはどろどろした恐ろしさがナイスですね。
この後スコーピオンズを脱退してELECTIC SUN結成へと向かいますが、
ウリのvoが信じられないぐらい… なのでこのアルバムでウリのクラシカルなギターと素晴しいvoを堪能しましょう。
しかし、クラウス・マイネを差し置いてなんでおめーが歌うんだよ!と突っ込みながらIを聴いて涙を流しましょう(ToT)
やっぱりvoはうまくないとね。


「TOKYO TAPES」 SCORPIONS





1.All Night Long
2.Pictured Life
3.Backstage Queen
4.Polar Nights
5.In Trance
6.We'll Burn The Sky
7.Suspender Love
8.In Search Of The Peace Of Mind
9.Fly To The Rainbow
10.He's A Woman,She's A Man
11.Speedy's Coming
12.Top Of The Bill
13.Steamrock Fever
14.Dark Lady
 

1978年4月24,27日の中野サンプラザで行われた日本公演。
Hound Dog、Long Tall SallyKojo No Tsuki、Robot Man、
Polar Nights がカットされています。
今は完全版のブートが出ているのでそれもまた素晴らしいです。もっと曲が入っているので輸入版で(σ・∀・)σゲッツしました。
素晴しい内容です。ウリ。。あんたすげーよ♪

クラウスのvoも素晴しすぎます。全盛期のロニーを超える勢いがあるんじゃないでしょうかねー。とにかくこのアルバムはマストです☆



ELECTRIC SUN /ULI JOHN ROTH

「EARTHQUAKE」





1.Electric Sun
2.Lilac
3.Burning Wheels Turning
4.Japanese Dream
5.Sundown
6.Winterdays
7.Still So Many Lives Away
8.Earthquake

出ました。ウリ様最強のギターソロFが。。。
構築美・美・美という感じでウリがなぜ素晴らしいのかがこのアルバムに詰まってます。。

ボーカルを除いて。。。。
感覚で言うと数学0点ですが、英語が100点なのでいいみたいなアルバムです。歌を完全に無視して聴きたいです。
ひょっとしてボーカルキャンセラーを使うとすごい事になったりして(笑)

誰か歌いなおしてください。。。。。



「FIRE WIND」




1.Cast Away Your Chains
2.Indian Dawn
3.I'll Be Loving You Always
4.Firewind
5.Prelude In Space Minor
6.Just Another Rainbow
7.Children Of The Sea
8.Chaplin And I
9.Hiroshima

@のど下手な歌ってどんなの?って聴かれたらこれ聴くしかないでしょう♪
でもギターソロは号泣モノです。

下手な歌をガマンしてからなので感動が倍増します。ひょっとしてエレクトリックサンはドM向けなのか?
Cのギターソロは流れていくというのが相応しいソロです。歌を除けば最高なんですが(笑)



「BEYOND THE ASTRAL SKIES」




1.The Night The Master Comes
2.What Is Love?
3.Why
4.I'll Be There
5.Return (chant Of Angel)
6.Icebreaker
7.I'm A River
8.Angel Of Peace
9.Eleison
10.Son Of Sky

Cがスイープじゃないってのは何なんでしょう。。





「ASTRAL PERFORMANCES」




Disc1
1.Daughter Of The Inner Sun
2.Firewind
3.What Is Love?
4.Why?
5.Enola Gay (Hiroshima Today?)
6.Angel Of Peace
7.Return
8.God Is Light
9.Cast Away Your Chains
10.Virgin Killer
11.Drums Solo
12.Electric Sun
Disc2
1.Polar Nights
2.The Night The Master Comes
3.Hell-Cat
4.Dark Lady
5.Icebreaker
6.Beethoven's 9th

7.IceBreaker
8.What Is Love?
10.Why?
 
Disc3
1.Enola Gay (Hiroshima Today?)
2.Angel Of Peace
3.Return
4.Cast Away Your Chains
5.Virgin Killer
6.Drum Solo
7.Electric Sun
8.The Night The Master Comes
9.Polar Nights 
10.Beethoven's 9th Symphony
11.Hell-Cat
12.Dark Lady

Disc1@〜Disc2Eまでが1983年5月12日、スウェーデン。
Disc2F〜が1983年5月20日イギリスバーミンガムでのライブ。



「GLAMOUROUS SKY」



1.The Night The Master Comes
2.What Is Love?
3.Why?
4.Firewind

5.Starlight
6.Enola Gay
7.On That Night
8.Clive Runker Drum Solo
9.John Young Keyboard Solo
10.Still So Many Lives Away
11.Beathoven's 9th
12.Daughter Of The Innocent
13.Poloar Nights
14.Dark Lady
15.Neptunian Love
 
16.G3 Overture
17.Four Seasons 1
18.Four Seasons 2
19.Hiroshima
20.Polar Nights
21.Beethoven's 5th
 
 

@〜Nは1985年5月17日カリフォルニアでのオーディエンスショット。
O〜21は1998年5月26日フランスでのG3のオーディエンスショット。正直どちらの映像もかなり荒い画像。
完全にマニア向けだが、個人的に大好きなStill So Many Lives Awayが入っているので即買い。
スカイギターを堪能するにはこれで十分かなと。。。

ポジションはかろうじてわかるのだが、スカイのため何フレットなのかがかなりわかりにくい…(^o^;)
G3についてももっといい映像があってもいいようなもんだけどなぁ。。。



「SYMPHONIC WIZARD」




1.The Night The Master Comes
2.What Is Love?
3.Firewind
4.Enola Gay (Hiroshima Today?)
a.Enola Gay
b.Tune Of Japan
c.Attakc
d.Lament
5.Virgin Killer
6.On That Night
7.Still So Many Lives Away
8.Beethoven's 9th
9.Polar Nights 
10.Dark Lady (Incmplete Version)
 

1985年7月5日の、ミルウォーキーでのサウンドボード録音。
若干音が割れ気味だが、それほどひどい音質でもないです。



「FROM HERE TO ETERNITY」






DIsc1 EARTHQUAKE
Disc2 FIRE WIND
Disc3 @〜J PROLOGUE TO THE SYMPHONIC LEGENDS
12.Aquila -The Eagle And The Rainbow
13.Zephyrus -The Southwind-Je Reviens
14.Endymion -The Eternal Sleeper-Balahe
15.Ballerina -Dance With Infinity
16.Aprilis -Melting Snow Of The North
17.Cygnus -The Swan Of The West
18.Aeolos -Father Of Winds -Autumn Leaves
19.Flora -Bride Of TheSummer Wind
20.Boreas -Northeast Winter Wind
21.Lethe -River Of Oblivion-Arpege
22.Galatea -Daughter Of Oceans
23.Aqua Vitae -Poseidon's Water Of Life-Eau Sauvage


ELECTRIC SUNの「EARTHQUAKE」、「FIRE WIND0」、そしてSKY OF AVARON名義の「PROLOGUE TO THE SYMPHONIE」が収録されたCD3枚組に、
「AQUILA SUITE 12 ARPEGGIO CONCERT ETUDES FOR SOLO PIANO 1991」という12曲のピアノ作品が収録されている。
ぶっちゃけこのピアノ作品「AQUILA SUITE」目当てで買ったんだけど、自動演奏らしい。。。。
2001年の奇跡の来日公演のメンバーに選ばれていたが、結局ビザの絡みで来日がおじゃんになったヴィタリ・クープリによって
録音が検討されていたらしいが、一体どうなったんでしょう。ホント予定の立たない人です。

だから自己○産しちゃうんだよ…(^o^;)

しかーしDisc1のFのStill So Many Miles Awayの歌はあれですが、ギターソロは神!マジコピーしたい曲NO.1♪


「SYMPHONEY FOR EUROPE'93」
 DVD




1.Antonio Vivalde:Vier Jahres Zeiten 3.Satz:Impetuoso
2.Windows of War
3.Starlight

4.Ausschnitte aus Mozarts Requiem - Dies Irae
5.Confutatis
6.Lacrymosa
7.We Can Change The World
8.Uli jon Roth Symphony No.1 (Auszuge) "Europa Ex Favilla"
9.Beethoven / Roth 5.Symphonie (Allegro Con Brio)
10.Improvisation

ウリがオーケストラとの競演をした1993年のライブを行ったもののプロショット。
一応プロショットですが、昔のプロショットらしく映像はちょっとざらついているが、その画質の悪さを補って余りあるものです。
ベートーヴェン、ヴィヴァルディ、モーツアルトの曲をアレンジしており、これみたらみんなスカイギター欲しくなるんじゃ…(^o^;)

Aの冒頭で何を血迷ったのか、トミーハートを差し置いて歌いだすウリにびびりますが、その後は素晴しい内容です(笑)
ウリのファンは押さえておくべきアイテムでしょう。
メンバーは以下の通りらしいです(笑)

Conductor:
Concert Master:
Lead Guitar, Lead Vocals:
Vocals:
Electric Guitars:
Electric Bass Guitar:
Drums:
Keyboards:
Choir
Orchestra:
Bernard Dekaise
Vicky Mangon
Uli Jon Roth
Tommy Heart, Michael Flexig, Peter Goalby, John Parr
Helge Engelke
, Anthony Kornarens
François Garny
Franco Zuccaroli
Alan Park
, Don Airey
Le Chœur de Chambre de Namur
La Société Philharmonique de Bruxelles



「SKY OF AVALON」




1.BridgeTo Heaven
2.Thunder Bay
3.Pegasus

4.Starships Of Dawn
5.Winds Of War
6.Sky Valley
7.The Wings Of Avalon
8.Until The End Of Time
9.Tod Und Zerstorung
10.E Lucevan Le Stelle
11.Starlight

Giacomo Pucciniの遺作である『Turandot』ではじまる感動のCD。オリンピック金メダリストになった荒川静香選手がフリープログラムで使用してメジャーになった♪
今度はウリバージョンでやって欲しい(笑)
一応3部作らしいが、今現在でも完成するという感じは全くない…(^o^;)


「TRANSCENDENTAL VOYAGES」




Disc1
1.Introductions:MC
2.Sky Overture

3.I'm A  River (Instrumental)
4.Air De Aranjuez
5.Four Seasons
6.Bass Solo

7.Keyboard Solo
8.Bridge To Heaven
9.We'll Burn The Sky
10.Kojo No Tsuki
11.Starlight
Disc2
1.The Sails Of Chalon(Instrumental)
2.Virgin Killer

3.Drum Solo

4.Still So Many Lives Away
5.Polar Nights
6.Gypsy Cizardas〜

7.Violin Solo
8.〜Beethoven Paraphrase
9.All Along The Watchtower
10.Little Wing
11.Easter Sun
12.Dark Lady

2001年5月17日、奇跡の来日公演の名古屋での高音質のオーディエンス録音。
Tommy Heartと山本恭司がゲスト参加しています。管理人もこのツアー見に行きましたが、
ライブ終了後に普通に会場からあの格好で出てきて(笑)握手してもらいました。 うーん。神との遭遇(*^o^*)

中でもトミーの声が感動的なDisc1Gとスコーピオン時代のHが感動。
MCで次の曲はTaken By Forceからだ!って言った瞬間にカロンキタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!! 
って思ったんですけど、Hでしたがご満悦です(笑)
最後のチョーキングの連続がすげーーーー♪
カロンはインストで演奏されたのでそれはそれでよしです。



ZENO ROTH

「ZENOLOGY」 /ZENO




1.Heat Of Emotion
2.Is It Love
3.Together
4.Surviving The Night
5.In The Dark
6.Let There Be Heaven
7.Man On The Run
8.Out In The Night
9.You Got Me Down
10.Ticket To Nowhere
11.In Love With An Angel
12.Crystal Dreams

1987年〜94年のアウトトラック。  などと簡単な言葉で片付けてはいけません。
メンバーも曲ごとで異なり、voがマイケル・フレクシグとトミー・ハートの2人を使い分けており、最高です。
中でもBは本当にいいです。
難を言えば、いつもZENOのアルバムに大して思うのですが、メロディアスなGソロなのだから、もっとMIXでギターを上げてください。。。
感動がもっと倍増すると思います♪


「RUNWAY FROM GODS」 /ZENO





1.Fanfares Of Love
2.Climb The Sky
3.Land Of Illusion

4.Shades Of Blue
5.Runway To The Gods
6.Sogno Di Angelo
7.Refugees(Longing For Paradise)
8.I Feel-I Live
9.Purify(Pilgrims Of Rememberance)
10.Do You Feel The Time
11.Sunset Birds Flying Home(Celestial Touchdown)
 

ZENOのニューアルバム。
ギターはかなりクラシカルでウリよりもっとテクニカルなフレーズが多い気がします。




Guitarist1 テクニカルバンド クラシカル 音楽に戻る


SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO