MR.BIG

MR.BIGはライブ音源・映像ともに露出の多いバンドなので、他のバンドほどブートを集める必要性がない。
メンバー全員テクニックがあるので、ドリームシアターより安心して聴いていられる。
高校生の頃に一番コピーしたのは、ぶっちぎりでMR.BIGです。管理人はポールのギターに一番影響されました。



「MR.BIG」





1.Addicted To That Rush 5.Blame It On My Youth 9.Anything For You
2.Wind Me Up 6.Take A Walk 10.Rock & Roll Over
3.Merciless 7.Big Love 11.30 Days In The Hole
4.Had Enough 8.How Can You Do What You Do

記念すべきファーストアルバム。ポール・ギルバート、ビリー・シーンという超絶弦楽器組ということで、
テクニカルバンドと予想されていたが、ブルースをベースにしたHRを展開している。 とは言っても、充分テクニカルだが。
Hは名曲で、ライブヴァージョンを聴いてみたい。


「GOOD ROCKIN' TONIGHT」  MR.BIG





MR.BIG ERIC MARTIN BAND
1.Merciless 4.G Solo〜Take A Walk 7.30 Days In The Hole 9.Young At Heart 12.Sucker For A Pretty Face
2.Rock&roll Over  5.Good Rockin' Tonight 8.Shy Boy 10.Catch Me If You Can
3.Wind Me Up 6.Addicted To That Rush 11.Just Another Pretty Boy

@〜Gは1989年のハリウッド。
H〜Kは1983年にジャーニーの前座を務めた時の、ホノルルでのサウンドボート録音。どちらも高音質で、初期の貴重なライブを聴くことができる。
CはレーサーXの頃のソロと構成が似ており、ストリートリーサルのリフを弾いたり、ZEPを弾いたりしている。

「RAW LIKE SUSHI」




1.Blame It On My Youth 3.Merciless 5.Take A Walk
2.How Can You Do What You Do 4.Rock & Roll Over 6.Addicted To That Rush

1990年6月のRUSHとのアメリカツアーでの音源。
スーパーバンドと呼ばれるだけあって、手直しなしのDAT直のライブ。こんな芸当ができるバンドは今でも少ないでしょう。
このバンドがライブバンドといわれる所以です。

「LEAN INTO IT」




1.Daddy,Brother,Lover ,Little Boy 4.CDFF-Lucky This Time 8.My Kinda Woman 12.Love Makes You Strong
(THE ELECTRIC DRILL SONG) 5.Voodoo Kiss 9.A Little Too Loose
2.Alive And Kickin' 6.Never Say Never 10.Road To Ruin
3.Green-Tined Sixties Mind 7.Just Take My Heart 11.To Be With You

Mr.Big最高のアルバム。非の打ち所がありません。
特にBはこのバンドしか作りえない曲です。エリックの歌とポールのGが一体となった名曲です。
イントロの印象的なタッピングは、一時期周りのギタリスト全員弾いていました。
タッピングは速弾きというイメージをスピードキングのポールが打ち崩し、メロディアスに仕上げています。90年代のStairway To Heavenといっていいでしょう。

日本での地位を確実にした出世作です。ドリルを使った@もかなり話題になりましたが、Jが全米No.1の大ヒットとなり、レコード会社に同様の曲を求めれれるようになり、
バンド崩壊の第一歩が始まってしまった。残念。


「GREEN TINTED SIXTIES MIND」




1.Green-Tined Sixties Mind 3.Just Take My Heart (Acoustic)
2.Big Love 4.30 Days In The Hole

シングル盤。Bのアコースティックヴァージョンはここでしか聴けないもので、ピアノを主体とした感動的なアレンジ。


「RAW LIKE SUSHI U」




1.Daddy,Brother,Lover ,Little Boy 3.A Little Too Loose 6.Shyboy
(THE ELECTRIC DRILL SONG) 4.Road To Ruin〜 G Solo 7.Woman From Tokyo 〜Baba O' Rilley
2.Voodoo Kiss 5.CDFF-Lucky This Time〜Ba Solo

1991年9月26日の東京NHKホールのセットから、BURRN読者のリクエストで収録曲を選んだDAT直ライブ。
前作とかぶらないセットリストになっており、なかなかマニアックな曲が入っている。
FはDEEP PURPLEとTHE WHOのカバー。

「LIVE」




1.Daddy,Brother,Lover ,Little Boy 4.Just Take My Heart 8.Addicted To That Rush 12.Baba O' Rilley
(THE ELECTRIC DRILL SONG) 5.A Little Too Loose 9.To Be With You
2.Alive And Kickin' 6.Road To Ruin 10.30 Days In The Hole
.3.Green-Tined Sixties Mind 7.CDFF-Lucky This Time 11.Shy Boy

1992年3月28日サンフランシスコでのライブ。
Hが全米1位になってからのライブなので、観客も熱狂的。映像も発売されている。

「JUST TAKE MY HEART」


 

1.Just Take My Heart 3.To Be With You
2.To Be With You (Live Version) 4.Anything For You

シングル。Aは1992年、東京NHKホールでのライブからなのだが、この日はアコースティックギターの調子が悪く、
エレキギターで演奏しているレアな音源。
この事態にさすがに温厚なポールも怒りまくっていたらしい。確かにエレキでアレンジしたという感じではなく、思わず歪んでしまったというように聴こえる。

「NAVY SEALS」 SOUNDTRACK




1.Strike Like Lightning   5.The Dragon 9.Tempt Me( If You Want To)
2.The Boys Are Back In Town 6.Hangin' On My Hip 10.Try
3.Hardline 7.I Don't Want To Say Goodnight
4.Shadows 8.Wounded Warrior

チャーリー・シーン主演の映画のサウンドトラック。@とCがMr.Bigの未発表曲。
Fは号泣ものの超名曲です。
Planet3というバンドの曲で、このアルバムは必ず聴いてください。きっと感動できること間違いなし。

「BUMP AHEAD」





1.Colorado Bulldog 5.Wild World 9.Temperamental
2.Price You Gotta Pay 6.Mr.Gone 10.Ain't Seen Love Like That
3.Promise Her The Moon 7.The Whole World's Gonna Know 11.Mr.Big
4.What's It Gonna Be 8.Nothing But Love 12.Long Way Down

前作で一気にブレイクした後の3枚目のアルバム。
Dは第二の'To Be With You'を求められたため、入れたカバー曲。
BやGといったバラードがバンドの方向性の拡散を見せだした気がする。

「RAW LIKE SUSHI V」





1.Colorado Bulldog 5.Wind Me Up 9.Billy's Solo 13.Seven Impossible
2.Price You Gotta Pay 6.Wild World 10.To Be With You 14.I've Learned My Lesson
3.Temperamental 7.Paul's Solo 11.Promise Her The Moon
4.Green-Tined Sixties Mind 8.Nothing But Love 12.Mr.Big

1993年10月29日東京、新宿厚生年金会館でのDAT直ライブ。この日はWOWOWでも放映された。
LMはアルバム未収録の新曲。


「THE PERFECT DEMONIUM」 MR.BIG





Disc1 Disc2
1.Colorad Bulldog 5.Take A Walk 9.Wild World 1.Guitar Solo 5.Bass Solo 9.Daddy,Brother,Lover,Little Boy(The Electric Drill Song)
2.Price You Gotta Pay 6.Just Take My Heart 10.Nothing But Love 2.The Whole World's Gonna Know 6.Addicted To That Rush 10.Johnny B. Good
3.Temper A Mental 7.Mr.Gone 11.Little Too Loose 3.Drum Solo〜 Yesterday 7.To Be With You 11.Mr.Big
4.Green-Tinted Sixties Mind 8.Wind Me Up 12.Alive And Kickin' 4.What's It Gonna Be 8.Promise Her The Moon 12.Shy Boy

1993年10月29日東京厚生年金会館でのサウンドボート録音。この日のライブはWOWWOWで放送されていたので、そこからの落としと思われる。
この頃がバンドとしての最高点でしょう。本当に惜しいバンドが解散してしまった。誤解を恐れず言うと、やはりポールのポップセンスあってのMr.Bigでしょう。

「HEY MAN」




1.Trapped In Toyland 5.The Chain 9.Dancin' Right Into The Flame
2.Take Cover 6.Where Do I Fit In ? 10.Mama D
3.Jane Doe 7.If That's What It Takes 11.Fool Us Today
4.Goin' Where The Wind Blows 8.Out Of The Underground 12.Tears

アルバムの1曲目は疾走系の早い曲というMR.BIGにおける暗黙のルールを破ってしまったアルバム。
それでも日本では50万枚を超える大ヒットとなった。やはり名曲のAなどが貢献しているのでしょう。

「CHANNEL V AT THE HARD ROCK LIVE」





1.Alive And Kickin' 5.Goin' Where The Wind Blows 9.Wild World 12.Daddy,Brother,Lover ,Little Boy
2.Green-Tined Sixties Mind 6.Take A Walk 10.Take Cover (The Electric Drill Song)
3.Where Do I Fit In? 7.Voodoo Kiss 11.To Be With You 13.30 Days In The Hole
4.Jane Doe 8.The Chain 14.Mr.Big

1996年シンガポールのVという番組の企画した、ハードロックカフェでのアコースティックライブ。
1月に神戸のチキンジョージで阪神大震災のチャリティーアコースティック・ライブを行ったが、その時と同じセットリスト。
曲はどの曲もエレキとほぼ同じアレンジ。Kのソロもアコギで弾いているのが驚かされる。
アコースティックで演奏すると元の曲の良さを感じる。特にFはアコギがぴったりはまり、こんなにいい曲だったかと思いました。

「LIVE AT BUDOKAN」




1.Intro/Piano 5.Jane Doe 7.Out Of The Underground 11.What's It Gonna Be 15.Livin' Like A Dog
2.Trapped In Toyland 6.Medley   8.Alive And Kickin' 12.Fool Us Today 16.Ain't Seen Love Like That
3.Take Cover Had Enough/Big Love/ 9.The Whole World's Gonna Know 13.Addicted To That Rush (Full Band Version)
4.Green-Tinted Sixties Mind Take A Walk/Merciless 10.Road To Ruin 14.Suffragette City

1996年10月24・25・26日の武道館ライブから。初の武道館公演ということで非常に緊張していたらしい。
Eのメドレーは非常に好きです。
Mは楽器を変えてのお遊び。ビリーが歌っています。
Nは未発表曲でOはアレンジ違いのヴァージョン。

「GET OVER IT」





1.Electrified 5.A Rose Alone 9.Dancin' With My Devils
2.Static 6.Hole In The Sun 10.Mr.Never In A Million Years
3.Hiding Place 7.How Does It Feel 11.My New Religion
4.Superfantastic 8.Try To Do Without It 12.Water Over The Bridge

衝撃のポール・ギルバートの脱退後、リッチー・コッツェンを加入しての初のアルバム。
個人的には、MR.BIGは終わったと思った。確かにブルースを元にという、スタート当初のコンセプトにはポールよりリッチーの方が向いているとは思うが、
ポップさが消えてしまった。これはかなり痛い。あまりこのアルバムは聴きこんでいないので、これを機会によく聴いてみます。




「SUPERFANTASTIC」  MR.BIG

   「YG  2000年2月号」 スコア



1.Superfantastic 2.You Don't Have To Be Strong 3.Burn

リッチー・コッツェン加入後のシングル。目玉はBのDeep Purpleのカバー。
このソロはリッチーつながりであるが、ブラックモアとは大違い。へんな運指でYG見たら絶句します。
ただのカバーと思わずに、とりあえず聴いたほうがいいでしょう。

「ACTUAL SIZE」




1.Lost In America 5.Mary Goes 'Round 9.Crawl Over Me 13.Deep Dark Secret
2.Wake Up 6.Suffocation 10.Cheap Little Thrill
3.Shine 7.One World Away 11.How Did I Give Myself Away
4.Arrow 8.I Don't Want To Be Happy 12.Nothing Like It In The World

Mr.Bigのラストアルバム。
これをMr.Bigのアルバムと呼ぶべきか、エリック・マーティンのソロと呼ぶべきか・・・・
あまりというか、3回しか聴いていませんでした。もう少し聴いてみますが、Mr.Bigがやるべき音楽ではないと思う。
怒られるかもしれませんが、解散してほっとしているというのが正直なところです。


「DEEP CUTS」




1.Where Are They Now? 5.Just Take My Heart 9.Wild World 13.Goin' Where The Wind Blow
2.I'll Leave It Up To You 6.Superfantastic 10.Ain't Seen Love Like That 14.If That's What It Takes
3.Had Enough 7.You Don't Have To Be Strong 11.Dancin' Right Into The Flame 15.To Be With You
4.Promise Her The Moon 8.Anything For You 12.The Chain 16.My New Religion (Live)

バラードベスト。@Aは新曲で、BCDは再録音。Gとか聴くと本当にいいバンドでした。


MR.BIG PAUL 掲載雑誌 音楽に戻る
SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO