1999年 メトロポリス2時代

1999年1月18日に突然プレス・リリースを通じて、Drek Sherinianの脱退、そしてJordan Rudessの加入が発表された。
そこには『解雇』とはなかったが、後任が決定しているので解雇だろう。
確かに、1997年の日本公演を見てデレクのキャラが浮いているとは思っていたが。まさかメンバーチェンジをするとは・・・ まさに晴天の霹靂。

SCENES FROM A MEMORY TOUR

1999年7月31日に韓国初のロック・フェスティヴァル『Triport '99 Rock Festival』に出演し、初のラインナップでライブを行った。
そして期待と不安の入り混じる中、アルバムの情報が一切ないままアルバムが発売された。

「METROPOLIS PART2:SCENES FROM A MEMORY」




1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life
7.Through Her Eyes
8.Home
9.The Dance Of Eternity
10.One Last Time
11.The Spirit Carries On
12.Finally Free

1999年10月27日発売のオフィシャルアルバム。Keyのデレクを解雇し、新たにジョーダン・ルーデスを向かえ作成した、DT初のコンセプトアルバム。
このアルバムを最高傑作とする声も。ところどころに'Metropolis Part1'の音がちりばめられている。
通しで聞くと、まるで映画を見ているようだ。アルバムについて発売まで一切語られず、発売する時には非常にどきどきしました。
アルバム発表でメトロポリスの続編ということが明らかになり、ネット上でストーリーについて憶測が飛び交った。
ストーリーは後日発売のDVDで明らかになる。


「THE MAKING OF SCENES FROM A MEMORY」


Disc1-The Sessions
1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Fatal Tragedy
5.Beyond This Life
6.Through Her Eyes
7.Home
8.Home
9.The Dance Of Eternity
10.The Dance Of Eternity
11.The Spirit Carries On
12.The Spirit Carries On
13.The Spirit Carries On
14.Finally Free
15.Finally Free
Disc2 -The Alternate Mixes
1.Opening Scene
2.Regression
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Through My Words
6.Fatal Tragedy
7.Beyond This Life
8.Through Her Eyes
9.Home
10.The Dance Of Eternity
11.One Last Time
12.The Spirit Carries On
13.Finally Free


Dream Theater official Bootlegの第1弾のスタジオデモ。
曲の作られていく過程などで面白いものがあり、Iなどハモンドオルガンで弾いているのでまるでYESのようです。このバンドはKeyとGがメタリックになったYESという気がします。

Disc1は様々なバージョンの収録であるのですが、中でも面白いのはLのペトルーシのvoのデモ。万が一このままVoとしてアルバムを出していたら最低な曲になっていたでしょう。
ペトとマイキーは歌あっての名曲ということを認知して、インタビュー等でラブリエをいじめないこと。しかもなぜかところどころで犬が吠えています。ワンって。
しゃれで歌っているのでしょうが、今後ソロを出す時に、テクニカルギタリストに良くあるようにジョンが自分で歌いだすことのないことを祈ります。
G3でも歌っていなかったので大丈夫だと思うのですが・・・

Disc2はアルバムの違うバージョンで聴けるのでこれと発売されたバージョンを聞き比べることができるので、このアルバムが好きな人にはたまらないでしょう。
AIJLはアルバムバージョンで収録してあり、アルバムどおりの流れで聴ける。
Disc2GはイエロージャケッツのJay BeckensteinがSAXで参加。'Through Her Eyes','The Spirit Carries On'はTheresa Thomasonが参加しています。

今回発売された、オフィシャルブートレッグの3枚の中で、一番期待していなかったがアレンジ違いを聴けて一番良かった。
今後はこのオフィシャルブートレッグシリーズで「Images & Words」のメイキングを激しく希望します。

「THE CHILL OF WINTER」


Disc1
1.Intro (Theme From Twin Peaks)
2.Metropolis Part1
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Lifting Shadows Of A Dream
6.Just Let Me Breathe
7.Peruvian Skies
8.Through My Words
9.Fatal Tragedy
10.Erotomania
11.Paradigm Shift
12.Universal Mind
13.Hell's Kitchen
14.Biaxident
Disc2
1.Keyboard Solo
2.Hollow Years
3.Another Day
4.Home
5.Pull Me Under
6.Under A Glass Moon
7.A Fortune In Lies
8.Only A Matter Of Time
9.Take The Time
10.Paradigm Shift
11.New Millenium

Disc1@〜K、Disc2@〜Hまでは1999年11月11日オランダでのオーディエンス録音。音質はオーディエンスと思えないぐらいよいのだが、voがダメです。フェイクしまくりです。
特に後半のDisc2Eはひどすぎる。Keyを落としているので聴いていて気持ち悪いぐらいだ。
しかし、'Another Day'のしょぼいKeyの音は一体なんだ! ひどすぎるぞ、ジョーダン。今後に不安を残す音です。

アルバム発売直後なので、まだ全曲ぶっ通しのセットリストではなくレアなセットリストです。
Disc1Dはショートディレイのイントロがあり、幻想的なムードを高めており好きなアレンジです。
Disc1I〜Kはインストメドレーで、
Disc2D〜Hまでもメドレーの形を取っています。
Disc1L、MとDisc2I、Jは1999年9月29日に行われたマイク・ポートノイのドラムクリニックから。しかし、オランダの観客はよく歌うな。

「MILAN,ITALY 11.19.99」 DVD-R


1.Intro
2.Metropolis Part1
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Lifting Shadows Of A Dream
6.Just Let Me Breathe
7.Peruvian Skies
8.Through My Words
9.Fatal Tragedy
10.Erotomania
/Paradigm Shift
11./Universal Mind〜
12.Key Solo
13.G Solo 〜.Hollow Years
14.Another Day
15〜17.Home
18.Pull Me Under
19.Under A Glass Moon
/A Fortune In Lies
/Only A Matter Of Time
20./Take The Time

1999年11月19日のイタリアミラノでのオーディエンスショット。複数のカメラで撮っているようで所々で画面が切り替わったり、変な編集がかなりうざい。音もたまに乱れる。
それほど近いショットではないので、昔のブートって感じがします。
アルバム発表後間もないのでまだアルバム再現ではないセットリストで、結構意外性があります。ギター的にはペトルーシがピカソでMT2の曲を弾いている姿がいいです。
@からAへのつながりがめちゃっかっこよかった。これは以外でした。でAの歌メロを歌う観客(笑)ホントイタリア人は熱いですね。
これすげーいい音源になりそうです。I〜Jはインストメドレー形式です。Universal Mindがユニゾンの後にも続くところが違います。
で前回調子の悪かったラブリエですが、Lはどうかと言うと… 観客歌いすぎでうるさい!(笑)ちゃんと歌えてました。。大合唱のAnother Dayかっこいいですね。
ジョーダンの音色もダイブましです。映像は遠いが、音は悪くないので中々かっこいいかもしれません。

「THE SPIRIT REALLY CARRIES ON」


1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life
7.Instrumental
8.Through Her Eyes
9.Home
10.The Dance Of Eternity
11.One Last Time
12.The Spirit Carries On (vocals by Mike)

2000年2月4日LAでのオーディエンス録音。
この日は収容可能人数より販売されたチケットが多く、地元の消防本部長の権限により安全のため、最後は電源を強制的に落としてライブを中止させた。
そのため、アンプから少しずつ音がでなくなり最後はポートノイが歌い、観客も一緒にKを歌う。そして観客が消防に対して大ブーイング。
観客の怒りが伝わってきます。よりによって屈指の名曲のKが最後まで聴けないなんて・・・・
ハプニングの少ないDTのライブでは非常にレアなライブです。

「METROPOLIS 1928: SCENES FROM ECHO'S HILL」

Disc1
1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life
7.Amazing Grace(G Solo/traditional)
8.Through Her Eyes
9.Home
10.The Dance Of Eternity
(key Solo/Universal Mind[LTE])
11.One Last Time
Disc2
1.The Spirit Carries On
2.Finally Free
3.Peuvian Skies/Dr.Evil Theme
4.Erotomania
5.Paradigm Shift [LET]
When Images And Words Unite:
6.Pull Me Under
7.Under A Glass Moon
8.A Fortune In Lies
9.Only A Matter Of Time
10.Take The Time/Regression Fanfare
11.Lie
12.Lifting Shadows Off A Dream
13.Voices

Disc1、Disc2Iまでは2000年3月3日アメリカ、オーランドでのサウンドボード録音。
音はさすがにサウンドボードだけあって高音質。ただ、観客の声が聞こえないのでライブならではの迫力に少しかける。
DiscAのJ〜Lまでは、1994年9月9日のライブ。これはケビン脱退後、ジョーダンルーデスが一旦DTのメンバーとして迎えられたときのライブの約半分を収録。

完全なライブ(といっても45分の短いライブだが)が「The Rudess Experiment」というタイトルで出ている。ちなみにkeyパートは完コピで面白みはない。

「HOUSE OF DREAM」

Disc1
1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life

7.Amazing Grace(G Solo/traditional)
8.Through Her Eyes
9.Home
10.The Dance Of Eternity
11.keyboard Solo
12.One Last Time
Disc2
1.The Spirit Carries On
2.Finally Free
3.Peuvian Skies
4.Dr.Evil Theme
5.Erotomania
6.Paradigm Shift [LET]
 When Images And Words Unite:
7.Pull Me Under
8.Under A Glass Moon
9.A Fortune In Lies
10.Only A Matter Of Time
11.Take The Time

2000年3月3日アメリカ、オーランドでのサウンドボード録音。このライブがインターネットを通じて公開されたため、沢山の同日音源・映像が出ている。
「Metropolis 1928: Scenes From Echo's Hill」と「South Beach Regression」,「Metropolis 2000 in Orlando」が同日音源である。

「SOUTH BEACH REGRESSION」

Disc1
1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life

7.Through Her Eyes
8.Home
9.The Dance Of Eternity
10.One Last Time
11.The Spirit Carries On
Disc2
1.Finally Free
2.Peuvian Skies/
3.Dr.Evil Theme
4.Erotomania
5.Paradigm Shift [LET]
 When Images And Words Unite:
6.Pull Me Under
7.Under A Glass Moon
8.A Fortune In Lies
9.Only A Matter Of Time
10.Take The Time

11.Speak To Me
12.Hey You
13.Goodbye Yellow Brick Road
14.Anna Lee
15.Don't Look Past Me

Disc1、Disc2Iまでは2000年3月3日アメリカ、オーランドでのサウンドボード録音。上記の同タイトルと違ってプレスCDで音も一番高音質かな。
Disc2J〜Mは1998年6月25日のパリでのライブ。オフィシャルの「ONCE IN A LIFETIMEのアウトトラック。
Disc2NはクレジットではSFAMのアウトトラックとなっているが、ファンクラブCDの「CLEANING OUT THE CLOSET」収録されているのと同じく過去のリメイク。

「SCENES FROM SEOUL」

Disc1
1.Overture 1928
2.Strange Deja Vu
3.Through My Words
4.Fatal Tragedy
5.Beyond This Life
6.Through Her Eyes
7.Home
Disc2
1.The Dance Of Eternity
2.One Last Tim
3.The Spirit Carries On
4.Finally Free
5.Puppies On Asid  〜 ACOS U
6.Just Let Me Breathe
7.Pull Me Under
8.Under A Glass Moon
9.A Fortune In Lies
10.Take The Time

2000年5月6日、来日直前の韓国ソウルでのライブ。TV放送されたブートビデオが元ネタで、サウンドボードのため音は結構いい。
'Regression'はカットされているが、ラブリエも好調。ベースがめずらしくよく聞こえる。
Disc2のアンコールのメドレーに'Only A Matter Of Time'が一瞬だけ出てくるが、これはあまりにも短すぎるので編集されているようです。
韓国のファンはキャーキャーいっていて、女性ファンが多いようで、結構韓国でも人気があることがわかります。
作りはしょぼいCDRで、ところどころのカットがあり、非常にうっとうしいですが来日直前のライブが堪能できます。同日に「Flash Dream」というブートもある。

「SEOUL,KORIA 5.6.2000」 DVD-R

Disc1
1.Overture 1928
2.Strange Deja Vu
3.Through My Words
4.Fatal Tragedy
5.Beyond This Life
6.Through Her Eyes
7.Home
Disc2
1.The Dance Of Eternity
2.One Last Tim
3.The Spirit Carries On
4.Finally Free
5.Puppies On Asid  〜 ACOS U
6.Just Let Me Breathe
7.Pull Me Under
8.Under A Glass Moon
9.A Fortune In Lies
10.Take The Time

2000年5月6日、韓国でTV放送されたもの。上の「SCENES FROM SEOUL」の元ネタ。画質はいいのだが、音があまり迫力がないんだよね…

「SCENES FROM A DIAMOND」 DVD-R

Disc1
1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life
7.Through Her Eyes(incl. Guitar Solo)
8.Home
9.The Dance Of Eternity (incl. Key Solo)
Disc2
1.One Last Time
2.The Spirit Carries On
3.Finally Free
Medley 1
4.Peuvian Skies/
5.Dr.Evil Theme
6.Erotomania
7.Paradigm Shift [LET]
Medley 2
8.Pull Me Under
9.Under A Glass Moon
10.A Fortune In Lies
11.Only A Matter Of Time
12.Take The Time

Metropolis 2000ツアーの日本公演で2000年5月8日の名古屋ダイアモンドホールのオーディエンス録音。音が遠く音質はあまりよくない。
日本公演初日でかつライブハウスなのでオーディエンスののりは良い。
同日音源に「Lost In The Haze」というのがあるがそちらは、有名なシ○フレーベルからのものなので、音がいいのかも。

「LOOKING THROUGH HER EYES」

Disc1
1.Intro
2.Regression
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Through My Words
6.Fatal Tragedy
7.Beyond This Life
8.Guitar Solo
9.Through Her Eyes
10.Home
11.The Dance Of Eternity 
12.Keyboard Solo
13.The Dance Of Eternity (REP)
Disc2
1.One Last Time
2.The Spirit Carries On
3.Finally Free
4.Peuvian Skies
/Owstin' Theme
/Erotomania
/Paradigm Shift [LET]
5. When Images And Words Unite:
/Pull Me Under
/Under A Glass Moon
/A Fortune In Lies
/Only A Matter Of Time
/Take The Time

2000年5月11日大阪厚生年金会館でのオーディエンス録音。
発表時からアルバムを完全再現するとインタビューでもいっていたが、MCもなくぶっ通しでびっくり。
ライブは最高だったが、このブートの音質は少し音が遠いく、周りの観客がうるさい。(管理人もこのライブにはいたが、俺じゃないと思うけど・・・)
Disc1Cの3:44ぐらいに一瞬の音とびがあるのが残念だが、臨場感がありライブ感あふれる音源になっている。
しかし、このツアーからのペトルーシのGはあまりに美しく、メロディアス。Disc1G・Hなど感動。

「CONCERT 5.12.2000 IN JAPAN」 Video

Disc1
1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life〜
7.Guitar Solo 〜Through Her Eyes
8.Home
9.The Dance Of Eternity 〜
Key Solo 〜The Dance Of Eternity10.One Last Time
11.The Spirit Carries On
12.Finally Free
Medley 1 
Peuvian Skies
Dr.Evil Theme
Erotomania
Paradigm Shift [LET]

Medley 2
/Pull Me Under
/Under A Glass Moon
/A Fortune In Lies
/Only A Matter Of Time
/Take The Time

2000年5月12日渋谷公会堂でのオーディエンスショット。ステージ正面から画・音質ともに良好です。
同日のCDとしては「MIND DRIPS DESIRE」というものが出ている。

「MIND DRIPS DESIRE」

Disc1
1.Intro
2.Regression
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Through My Words
6.Fatal Tragedy
7.Beyond This Life
8.Guitar Solo
9.Through Her Eyes
10.Home
11.The Dance Of Eternity 
12. Keyboard Solo
Disc2
1.The Dance Of Eternity (REP)
2.One Last Time
3.The Spirit Carries On
4.Finally Free
5.Peuvian Skies/Owstin' Theme
/Erotomania/Paradigm Shift [LET]
6. Pull Me Under
/Under A Glass Moon
/A Fortune In Lies
/Only A Matter Of Time
/Take The Time

2000年5月12日渋谷公会堂でのオーディエンス録音。
Disc1F4:58で一瞬音飛びがあるが、良質の音源。流石はシ○フレーベル。

「WE'LL MEET AGAIN MY FRINEND SOMEDAY SOON」

Disc1
1.Intro
2.Regression
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Through My Words
6.Fatal Tragedy
7.Beyond This Life
8.Guitar Solo
9.Through Her Eyes
10.Home
11.The Dance Of Eternity 
12. Keyboard Solo
13.The Dance Of Eternity (REP)
Disc2
1.One Last Time
2.The Spirit Carries On
3.Finally Free
4.The Mirror/Crimson Sunrise
/Just Let Me Breathe /Acid Rain
/New Millennium+Caught In A Web
5.Peuvian Skies/Owstin' Theme
/Erotomania/Paradigm Shift [LET]
6. Pull Me Under
/Under A Glass Moon
/A Fortune In Lies
/Only A Matter Of Time
/Take The Time

2000年5月16日渋谷公会堂でのオーディエンス録音。めちゃくちゃ音いいじゃないか。大阪公演のブートとは大違いです。
内容も来日公演中一番のてんこ盛り状態で、この1枚で来日公演を抑えるのは十分だと思う。
低音もばっちり拾っており、臨場感あふれ、来日時の感動がよみがえってきます。

「BEYOND REALITY」

Disc1
1.Intro
2.Regression
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Through My Words
6.Fatal Tragedy
7.Beyond This Life
8.Amazing Grace
9.Through Her Eyes
10.Home
11.The Dance Of Eternity
12.One Last Time
13.The Spirit Carries On
Disc2
1.Finally Free 〜Overture2000
2.The Mirror
3.Just Let Me Breathe 
4.Acid Rain
5.Caught In Alice's New Nine Inch
 Millennium Tool Garden
Bonustracks

6.All Of The Above
 (Full Moon Rising)
7.Go The Way You Go
8.Instrumental


2000年7月9日ホーランドでのBOSPOPフェスティバルの良質なオーディエンス録音。
このツアーではライブ前のイントロとしてツインピークスのテーマがかかっており、そこから完全収録している。
Disc2Eは1999年9月29日のポートノイのクリニックより。
Disc2Fは1999年9月29日「SPOCK'S BEARD」のライブにポートノイが飛び入りしたもの。
Disc2Gは2000年10月15日のペトルーシのクリニックより。

「LIVE SCENES FROM NEW YORK」

Disc1
1.Regression
2.Overture 1928
3.Strange Deja Vu
4.Through My Words
5.Fatal Tragedy
6.Beyond This Life
7.John&Theresa Solo Spot
8.Through Her Eyes
9.Home
10.The Dance Of Eternity
Disc2
1.One Last Time
2.The Spirit Carries On
3.Finally Free
4.Metropolis-Part1
5.The Mirror
6.Just Let Me Breathe
7.Acid Rain
8.Caught In A New Millennium
9.Another Day
10.Jordan Rudess  Keyboads  Solo
Disc3
A Mind Beside Itself
1.Erotomania
2.Voices
3.The Silent Man
4.Learning To Live
5.A Change Of Seasons



トロポリス2000ツアー最終公演、2000年8月30日NYローズランド・ボールルームでの公演を完全収録。
9月11日のアメリカ同時多発テロの直後の発売で、貿易ビルが燃えているとのことですぐに右のジャケットに差し替えられた。

ツアーの最終公演だけあって、演奏も最高。特にDisc2のAは感動の一言。DT史上に残る名曲だ。
ちなみに、輸入版はCD-EXTRAとしてパソコンでDisc2のHとIの映像が見れる。発売されたDVDにはない映像なので思わず
輸入版を買ってしまった。Disc2のHは生SAXが入っているので、雰囲気が少し異なりアダルトな雰囲気で良い感じ。

「METROPOLIS 2000: SCENES FROM NEW YORK」 DVD

1.Opening Scene
2.Regression
3.Overture 1928
4.Strange Deja Vu
5.Through My Words
6.Fatal Tragedy
7.Beyond This Life
8.John&Theresa Solo Spot
9.Through Her Eyes
10.Home
11.The Dance Of Eternity 
12.One Last Time
13.The Spirit Carries On
14.Finally Free
15.Closing Scene
16.Credits
 Bonus Track
A Mind Beside Itself
1.Erotomania
2.Voices
3.The Silent Man
4.Learning To Live
5.A Change Of Seasons

2000年8月30日のオフィシャルライブ映像。DVDならではの特典が満載です。副音声でメンバーの解説を聞くことができる。ただ、やたらと画像を回転させたりいじっているのが、うざい。
ストーリーも明かされるのでファンは必見。イントロの俳優の語りから一本の映画を見るように一気に見て感動すべし。
ちなみにAのセリフは歌詞カードに載っていないが以下の通りでしょう。

"Close your eyes and begin to relax. Take a deep breath, and let it out slowly. Concentrate on your breathing. 
With each breath you become more relaxed. Imagine a brilliant white light above you, focusing on this light as it flows through your body. 
Allow yourself to drift off as you fall deeper and deeper into a more relaxed state of mind. 
Now as I count backward from ten to one, you will feel more peaceful, and calm. Ten. Nine. Eight. Seven. Six. 
You will enter a safe place where nothing can harm you. Five. Four. Three. Two. 
If at any time you need to come back, all you must do is open your eyes. One."

訳は難しい単語はないので、パス。

「THROUGH HER EYES」

1.Through Her Eyes (Radio Edit)
2.Through Her Eyes (Alternate Album Mix)
3.Home (Radio Edit)
4.Home (Live)
5.When Images And Words Unite (Live)
T Pull Me Under
U Under A Glass Moon
V A Fortune In A Lies
W Only A Matter Of Time
X Take The Time

来日記念盤として発売されたシングル。C・Dは1999年11月12日ベルギーのブリュッセルでのライブ。
Dのメドレーはこのツアーでずっと演奏されている。

「CLEANING OUT THE CLOSET」

1.Don't Look Past Me
2.To Live Forever '91
3.To Live Forever '94
4.Eve
5.Raise The Knife
6.Where Are You Now
7.The Way It Used To Be
8.Cover My Eyes
9.Speak To Me
10.Secret Track (SE)

1999年のファンクラブCD。今までのスタジオでのデモ・未発表曲を一気に放出。
ただし、これはそのブートとしてデジバックで発売されたものです。完全なコピーです。
CD-EXTRAとしてアルバム製作時のスタジオ風景が約7分入っている。相変らず、マイアングはベースを練習するのみですが・・・・
@はジョン・ヘンドリックスが歌うデモとして1990年2月に録音されたものを、1999年10月にラブリエの歌を入れてリマスタリングしたもの。
「Studio Demo 1988-1990」
に音は悪いがオリジナルの音源が収録されている。

Iは隠しトラックで、'Finally Free'の途中に出てくる「殺人シーン」のSEが入っている。

「INTERNATIONAL FAN CLUBS CHRISTMAS CD2000」

1.Heaven And Hell
2.Erotomania/Paradise Shift/Universal Mind
3.What Did They Say?/Wipe Out/Canadian Rap
4.War Pigs
5.Keyboard Solo
6.The Spirit Carries On
7.Guitar Solo/Gladiator Theme
8.The Zoo/Learning To Live/Whole Lotta Love
9.End Of Show

2000年のファンクラブCD。CD-EXTRAとして2000年10月21日のロンドンでのライブ前の映像が入っている。当然ジョンマイアングは練習している映像です。
下の「Metoropolis 2000:Scenes From A World Tour」と内容はほぼ同じです。

「METOROPOLIS 2000: SCENES FROM A WORLD TOUR」
1.Opening Scene
2.Regression
3.Overture 1928
4.Heaven And Hell
Black Sabbath Cover,Montreaux)
5.Erotomania/Paradise Shift/Universal Mind
6.Wipeout/Canadian Rap
7.War Pigs  (Black Sabbath)
8.keyboard Solo
9.The Spirit Carries On   (Bullshit Version)
10.The Spirit Carries On  (New York)
11.Final Free
12.Closing Scene
13.Guitar Solo/Gladiator Theme
14.The Zoo (Scorpions)
Learning to Live
 Whole Lotta Love (Led Zeppelin)
15.End Of Show

なぜかファンクラブCD2000となっていますので、インターナショナルファンクラブのCDとクレジットに書いているが、ブートでしょう。
@〜BとI〜Kは2000年8月30日のNY。「LIVE SCENES FROM NEW YORK」と同日音源。
Cは2000年4月18日のスペイン公演。
Dは1999年11月14日のドイツ公演。
Eは日時も内容もよくわかりませんが遊びのラップのようです。
Fは2000年10月18日のスコットランド公演で観客を上げてのおふざけカバー。ちなみに歌った観客はグレッグ・チックスなる人物らしい。
Gは2000年10月4日のフランス公演。
Hは2000年2月4日、「THE SPIRIT REALLY CARRIES ON」と同日で、消防の制止で中断されたライブ。消防へのブーイングが入っています。
Lは日時不明で映画のテーマを弾いています。ペトはよくゴッドファーザーのテーマを弾くのですが、ここではグラディエーターです。映画好きなのかも。
Mは2000年10月13日のドイツ公演より、Zooはベーステクのマイケル・バーガーが歌っているらしい。ネット上の情報です。

しかし、マニアの人はベーステクの名前まで抑えているのか。まったく恐れ入ります。
こちらにはCD-EXTRAの特典はありません。

 

 

年代別
1985年〜  1991年〜 1994年〜 1996年〜 1999年〜 2002年〜  2004年〜 2005年〜 2007年〜 2009年〜 戻る

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO