FALLING INTO INFINITY時代

THE FIX FOR '96 SHOWS

アメリカで5回ほど行われたアルバムの新曲発表をしたツアー。


「THE FIX FOR 96」




Disc1
1.Intro
2.A Change Of Seasons
-The Crimson Sunrise
3.Innocence
4.The Mirror
5.Lie
6.Burning My Soul
7.Another Hand
8.The Killing Hand
9.Just Let Me Breath
10.Caught In Alice's 9-Inch Tool Garden
11.Peruvian Skies
12.Pull Me Under
Disc2
1.Lines In The Sand
2.Take Away My Pain
3.A Change Of Seasons  
   The Darkest Of Winters
4.Ytse Jam
5.Learning To Live
6.A Change Of Seasons   
- The Crimson Sunset
7.Carnival Of Clains
8.Raise The Knife

Disc2のEまでは、1996年12月12日のオーディエンス録音。
Disc2のF、Gは1996年3月19日のペトルーシとポートノイのクリニックからのオーディエンス録音。
Disc1Eには呪術的なイントロが付けられ、アルバム収録時には'Hell's Kitchen'となった曲が含まれたバージョンで、後に「HOLLOW YEARS」のシングルに収録されたものと同じ構成。
2002年になって'
Burning My Soul '96'として演奏されている。「ANTAGONISTIC VIEWS」などに収録。

音は遠く、周りもうるさいがアルバム発表前のものでアルバムとはアレンジが違う。このツアーからACOSが分解して演奏されていて、飽きが来ないように工夫されだした。
Disc2Aで録音マイクの調子が悪くノイズが入るし、マイクトラブルらしきものは他にもある。
しかし、全体的にアルバムと違うアレンジをしている曲が多いので、よしとしましょう。中でも、Disc2Dのジャムは非常にかっこよく、Disc2B〜Eまではメドレー形式で完璧なアレンジです。
Disc2Fは実際は'Burning My Soul'のカラオケにあわせてマイクが叩いたものである。


「OLD BRIDGE, NEW JERSEY 12/14/96」



Disc1
1.The Crimson Sunrise
2.Innocence
3.The Mirror
4.Lie
5.Burning My Soul
6.Another Hand - The Killing Hand
7.Just Let Me Breathe
8.Caught In Alice's 9-Inch Tool Garden
9.Peruvian Skies
10.Pull Me Under (sans intro)
Disc2
1.Lines In The Sand
2.Take Away My Pain
3.Carpe Diem
4.The Darkest Of Winters
5.The Ytse Jam
6.Learning To Live
7.The Crimson Sunset
8.Metropolis-Part.1

オフィシャルブート。
1996年12月14日のサウンドボード音源。



AN EVENING OF NEW MUSIC WITH DREAM THEATER SHOWS

ヨーロッパで行われた短いツアー。

「MILANO,FORUM ASSAGO 4.12'97」  DVD-R 2枚組




Disc1
1.The Crimson Sunrise 
2.Innocence
3.A Crack In The Mirror-The Mirror
4.Lie
5.Burning My Soul
6.Another Hand-The Killing Hand
7.Just Let Breathe
8.Caught In Alice's 9-Inch Tool Garden
9.Peruvian Skies
10.Pull Me Under
Disc2
1.Lines In The Sand
2.Take Away My Pain
3.The Darkest Of Winters
4.The Ytse Jam
5.Learning To Live
6.The Crimson Sunset
7.Metropolis Part1

1997年4月12日、ミラノでのオーディエンスショット。画質はかなり荒い。これまたマイキーのサイトにセットリストなし。
一昔前のいかにもブー○と言うような感じの画質です。
Disc2@は最後に決めを何回もやる珍しいアレンジ。この曲めちゃくちゃかっこいいなぁ!最近はやらないけどまたやって欲しい曲の一つです。

SMALL CLUB ADVENTURE」




Disc1    
1.The Crimson Sunrise 
2.a)Innocence  
  b)A Crack In The Mirror-The Mirror 
 c)Lie
3.Burning My Soul
4.Another Hand-The Killing Hand  
5.Just Let Breathe
6.Caught In Alice's 9-Inch Tool Garden
7.Peruvian Skies 
8.Pull Me Under  
Disc2
1.Lines In The Sand
2.Take Away My Pain
3.The Darkest Of Winters
4.The Ytse Jam
5.Learning To Live( incl. Trial of Tears)
6. The Crimson Sunset
7.Metropolis Part1
incl.  Discotheque(U2)/One(,Metallica)
8.Perfect strangers
9.Eve

ヨーロッパツアーの1997年4月14日アムステルダムでのオーディエンス録音。
Disc2Gは1995年1月30日にBBCラジオでBruce Dickinsonが参加した音源。Hはオフィシャルのコピー。
当たり前だが、さすがにうまい。今のイアンギランより絶対パープルに合うだろう。
「Caught in Amsterdam '97」と同日アイテムだがこちらの方が音が良いらしい。音はいいのだが、周りの手拍子・歓声がクリアに聞こえ(?)少しうるさい。

「IN GERMANY」



Disc1
1.A Change Of Seasons 
 :The Crimson Sunrise
 :Innocence
2.The Mirror
3.Lie
4.Burning My Soul
5.Another Hand
6.The Killing Hand
7.Just Let Breathe
8.Caught In A Web
Disc2
1.Peruvian Skies
2.Pull Me Under
3.Lines In The Sand
4.Take Away My Pain

5.A Change Of Seasons (The Darkest Of Winters)6.The Ytse Jam
7.Learning To Live
8.Learning To Live
〜A Change Of Seasons :The Crimson Sunset

1997年4月18日ドイツ、フランクフルトでのオーディエンス録音。
Disc2のGはブックレットでアンコールの'Metropolis part I'がクレジットされているのですが、実際にはFのブレイクしたところからGが始まり、
実際には収録されていません。ちなみにこの曲の最後は'Fortune In Lies'のフレーズで終わります。
音質はこのアルバムお披露目ツアーの中では一番良い。

同日は「CARPE DIEM 1」「CARPE DIEM 2」があり、そちらは完全収録されている。音は悪いらしけど。

「FALLING INTO INFINITY」





1.New Millennium
2.You Not Me
3.Peruvian Skies
4.Hollow Years
5.Burning My Soul
6.Hell's Kitchen
7.Lines In The Sand
8.Take Away My Pain
9.Just Let Me Breathe
10.Anna Lee
11.Traial Of Tears
 T-It's Raining
 U-Deep In Heaven
 V-The Wasteland
BONUS TRACK
1.Take Away My Pain (demo)
2.Speak To Me (demo)


1997年9月24日発売の4枚目。ファンの中でも結構賛否両論の問題作。良い曲は後半にあるのだが、前半3曲のだるさが印象を悪くしている。
しかも、アルバム発表前にライブで結構新曲をやっていたので、真新しさが薄かったのもマイナス要因となった。
売れ線狙いになったとか、とやかく言われることが多いがプラス面もある。ペトルーシのギターソロが叙情的でよくなっているし、リズミックなFやHなどいい曲もたくさんある。
Aはあのデスモンド・チャイルドと作曲しているが、たいした曲ではない。彼の最高作はやはり「BON JOVI」の'Living On A Prayer'でしょう。
ボーナストラックのデモですが、@はパワーバラードといったアレンジ。

「FALLING INTO INFINITY DEMOS 1996-1997」





Disc1
1.Raise The Knife
2.Where Are You Now?
3.Take Away My Pain
4.You Or Me
5.Anna Lee
6.Burning My Soul
7.The Way It Used To Be
8.Lines In The Sand
Disc2
1.Just Let Me Breathe
2.Peruvian Skies
3.Trial Of Tears
4.Cover My Eyes
5.Hollow Years
6.New Millennium
7.Speak To Me
8.Metropolis Pt.2 (Live Rehearsal Version)

オフィシャルブートのFIIのデモ。
特筆すべきはDisc2Gのメトロポリス2のでリハーサル。以前デレクが流出させたデモよりかなり長くて別物のようです。

「HOLLOW YEARS」




1.Hollow Years (Radio Edit)
2.Hollow Years (LP Version)
3.You Or Me (You Not Me - Demo Version)
4.The Way it Used To Be
5.Burning My Soul (Live)
6.Another Hand  〜 The Killing Hand

オフィシャルのシングル盤。日本盤のシングルのみDとEが入っている。
D・Eは1996年12月14日のニュージャージーでのライブ。

「METAL SAMPLER」

1.Burning My Soul
2.You Not Me
3.Peruvian Skies

ジャケットがないので写真はないが、アルバム発表前にアメリカのレコード会社で作られたもののようだ。ご丁寧にプレスCDです。
From the forthcoming album Falling Into Infinity      In Stores September 23    と表記されています。
アルバムからのカットでデモと思いましたが、アルバム通りのようです。店ではデモと書いてあったのですが・・・@のデモは出ていないので、貴重と思い買ってしまいました。
やられてしまったようです (T_T)   騙された。金返せ!



TOURING INTO INFINITY

NEW YORK CITY 11.22.97 DVD-R




1.Theme From "A Clockwork Orange"
2.Lines In The Sand
3.Burning My Soul
4.Voices
5.Hollow Years (electric version)
6.A Crack in the Mirror
7. Puppies on Acid

8.Innocence/
9.Just Let Me Breathe
10.Peruvian Skies
11.Pull Me Under
12.Take Away My Pain
13.Scarred/
14.The Darkest of Winters/
15.Ytsejam (w/ drum solo)/
16.New Millennium
17.Metropolis Part 1
18.Perfect Strangers (Nightmare Cinema style)
19.〜Metropolis Part 1

19971122日、NYでのオーディエンスショット。アップもありいい感じなのだが
全体にハチが飛んでいるようなノイズが入っており、はっきり言って最悪。画質は悪くないのにToT)
Q
はお馴染みナイトメアシネマで楽器入れ替えての演奏。映像的にはいいんだけど、ブーンって音がところどころに(涙)

ノイズが入っている事を除けば、かなりいい映像。
L〜メドレーになっているのだが、コレがめちゃくちゃかっこいい!!
FIIはアルバムは!?って内容なのですが、ライブ栄えする曲が多く感動できます。
なぜか
Jでファンが渡したヘルメットをラブリエがかぶったりして、リラックスした雰囲気で、アップも多く、本当にノイズがなければ

「TOURING INTO INFINITY 1997」





Disc1
1.Theme From "A Clockwork Orange"
2.Lines In The Sand
3.Burning My Soul
4.Voices

5.Under The Glass Moon
6.Hollow Years

7.A Crack In The Mirror
Puppies On Acid /The Mirror/
Just Let Me Breathe
8.Peruvian Skies
9.Pull Me Under
Disc2
1.Take Away My Pain
2.Scarred
3.The Darkest Of Winters
4.The Ytse Jam ( incl. Drum Solo )
5.New Millennium
6.Metropolis - PartT
( incl. "Children Of The Grave" , "One" )
7.Burning My Soul
8.Hollow Years / Cover My Eyes
9.Epilogue

Disc2@〜Disc2Eまでは1997年12月3日オランダ、ホーランドでのオーディエンス録音。音量が小さくあまり音は良くないが、イントロからの完全収録。
Disc2@はディレイかけまくりで浮遊感のあるアレンジになっている。Disc2Aの11:00ぐらいでラブリエが吹き出していますが一体何が起こったのでしょうか?
Disc2FGはアルバムのデモ。
クレジットされていないが、Disc2Hはセガサターンのゲーム「NECRONOMICON」のエンディングテーマ曲。ペトルーシが作った、短いこの曲がまた異様にかっこいい。
この曲のために買ってもいいでしょう。ゲームはクリアしないとこの曲が聴けません。
こんなにすごい曲はオフィシャルで出すべきでしょう。攻撃的な低音のリフでもうノックアウトされます。ブートが売ってなければ、セガサターンを買って、ピンボールをクリアすべし。
あとペトルーシのサイトでも聴けます。ぜひ一度騙されたと思って聴いてみてください。

「TOURING TO THEATER」

Disc1
1.Lines In The Sand
2.Burning My Soul
3.Voices

4.Under The Glass Moon
5.Hollow Years 〜Key Solo
6.Crack In The Mirror
7.Puppies On Acid
8.Innocence
9.Just Let Me Breathe
Disc2
1.Guitar Solo/Improvised Jam
2.Peruvian Skies
3.Pull Me Under
4.Scarred
5.The Darkest Of Winters
6.The Ytse Jam
7.Drum Solo
8.New Millenium
9.Metropolis Part1 ( inc Remember Tomorrow)

1998年1月13日名古屋のオーディエンス録音。Disc2のHでIRON MAIDENを一部やっています(voはマイク)。
このツアーからセットリストが日替わりメニューになり、この時の日本公演では、メトロポリスの中間に日替わりでカバーを入れいていました。

Disc2Eはこのツアーから頻繁に行われるようになった、テンポを約1.5倍早くする「Fasten Your Seatbelts(シートベルトをお締めくださいという決まり文句)」バージョン。
掛け声とともにスピードUPする。
メドレー形式をとったり、カバーを入れたり、テンポアップまたはダウンするというアレンジが加えられるようになり、アルバム再現のみではないバンドへと変わりだした。

「LOOKING INTO INFINITY」





Disc1
1.Lines In The Sand
2.Burning My Soul
3.Voices

4.Under The Glass Moon
5.Peruvian Skies
6.Puppies On Acid
7.A Change Of Seasons
   Innocence
8.Just Let Me Breathe
9.Hollow Years
Disc2
1.Speak To Me
2.Pull Me Under
3.Scarred
4.A Change Of Seasons
 The Darkest Of Winters
5.The Ytse Jam  〜  Drum Solo
6.New Millennium
Disc3
1.Traial Of Tears
2.Metropolis Part1(incl."The Trooper"
  featuring Mike On Vocals)
3.Metropolis Part1
4.Misson: Impossible 〜Afterlife
5.To Live Forever  〜Instrumental
6.Another Day
7.Learning To Live

1998年1月14日の大阪厚生年金会館のオーディエンス録音。DTブート史上初の3枚組み。ライブの時間が長くなってきて、ファンとしてはうれしい限りです。ただCDの値段が・・・
ラブリエの調子があまりよくないとよく言われていますが、Disc1Bはかなりやばいがそれ以外はそれほどひどい出来ではない。
Disc1Dの冒頭のGソロには'Metropolis2'のフレーズが入っており興味深い。

Disc3のB〜Fは1993年の11月15日のイタリア、ミラノのFMサウンドボードライブ。「Lost In The Sky」と同日の音源。
Disc3のAでは中間部にIRON MAIDENの'Trooper'のカバーをマイクがヘタなボーカルで歌う。声が裏返ってるが。
そこから'
Metropolis 'に戻る展開が非常にかっこいいアレンジでお気に入り。

「ANCIENNE BELGIQUE」





Disc1
1.A Change Of Seasons
2.Take The Time
3.New Millennium
4.Voices
5.Guitar Solo
6.Peruvian Skies
7.Just Let Me Breathe
8.Lie
9.The Way It Used To Be (Demo)
Disc2
1.Keyboard Solo
2.Anna Lee
3.Hollow Years
4.Pull Me Under
5.The Ytse Jam
6.Drum Solo
7.The Ytse Jam Reprise
8.Trial Of Tears
9.Metoropolis Part1
10.Cover My Eyes (Demo)
11.Speak To Me (Demo)

1998年2月26日ベルギーでのオーディエンス録音。「DEEP IN HEAVEN」と同日音源だがそちらにはデモは未収録。
音は遠いが、臨場感がある音質です。演奏は'
Metropolis'に「Rush」 の 'Cygnus X-1'を挿入したりしてます。しかも、ペトルーシが決めをミスしている。
Disc1@でこのツアーで使われ始めた "A Clockwork Orange"(時計仕掛けのオレンジ)のテーマから収録されています。Disc1H、Disc2I、Jはデモ音源。

「TIERS,ITALY 1998」 DVD-R




1.The Crimson Sunrise/Innocence
2.Just Let Me Breathe
3.〜Take the Time
4.Anna Lee (w/ small drum kit)
5.Hollow Years
6.Crack In The Mirror
Puppies On Acid /The Mirror/
7.Lie
8.Peruvian Skies
9.G Solo
10.Pull Me Under
11.Ytse Jam
12.Drum Solo
13.Trial of Tears
14.Metropolis Part 1
15.Learning to Live
16.The Crimson Sunset

日付が不明のイタリアでのライブ。 1998年4月2日か、6月13日だと思うのだが、マイキーのサイトにセットリストが両方ない(ToT) 
Aから始まり、Dをやっている事からおそらく1998年4月2日と思われる。

内容は ステージ後方からのショットでかなり遠い映像、マニア向けの1品。
Bは途切れており最後の方だけしか写っていない。
Hのギターソロで後のLTEのParadigm Shiftをちょこっと弾いてます。

「NEW YORK CITY 4.4 98」 DVD-R 2枚組




Disc1
1.A Clockwork Orange (intro tape)
2.The Crimson Sunrise/Innocence
3.Just Let Me Breathe
4.Burning My Soul
5.Take the Time
6.Anna Lee (w/ small drum kit)
7.Speak to Me (w/ small drum kit)
8.keyboard solo/
9.Lines in the Sand
10.Caught in a Web (w/ drum solo
Disc2
1. -Caught in A Web/Lie
2.Peruvian Skies (w/ Have a Cigar (Pink Floyd))/
3.Guitar solo
4.Pull Me Under
5.Trial of Tears
6.Metropolis Part 1
7.Learning to Live
8.The Crimson Sunset

クレジットは4月4日になっていますが、おそらく間違えています。セットリストから見て1998年5月8日のNYです。

このビデオは完全に関係者の流出でしょう。だってイントロでテープを流している時のバックステージから始まるし(笑)
画像はプロショットです。画面もデレクのソロの時にアップしたり、2画面にしたりとオフィシャルのようです。
音質がちょっとスカスカしていますが、そんなことは気にならないほどの映像です。正直こんな映像がこのツアーであったなんて…久しぶりの掘り出し物でした☆
ラブリエはひげ面ですし(笑)

Disc1Dは/Freebird (Lynryd Skynyrd)/Hot for Teacher (Van Halen)/Moby Dick (Led Zeppelin)/The Trooper (Iron Maiden)YYZ (Rush)のフレーズを演奏して終わるバージョン。
その後アコースティックセットに変わる。デレクのピアノソロで一瞬音が途切れます。で唯一残念なのが、Disc2F途中で途切れて、最後は音もモノラルっぽくなってしまう。
と不満な点もない事もないですが、プロショットに乾杯♪


1998年4月5日の音源の一部が「TheJordan Experiment」に収録されている。

「LOS ANGELES,CALIFORNIA 5/18/98」





Disc1
1.Lines In The Sand
2.Burning My Soul
3.Take The Time
4.Anna Lee
5.Speak To Me
6.A Crack In The Mirror/Puppies On Acid
7.Just Let Me Breathe
8.Lie
9.Peruvian Skies
10.Guitar Solo(Paradigm Shift)
Disc2
1.Pull Me Under
2.Scarred
3.A Change Of SeasonsW
4.The Ytse Jam
5.Drum Solo
6.New Millennium
7.Perfect Strangers
8.The Trooper
9.Wher Eagles Dare
10.Killers
Medley
13.Metropolis
12.Learning To Live
13.A Change Of Seasons Pt.Z

「Dream Theater Official Bootleg」第2弾のライブ。
1998年5月18日のHouse Of Bluesでのライブで、当然ながら音質はサウンドボードで最高です。余談だが、この日のライブをなぜかFM三重で40分程度放送したらしい。
FM三重恐るべし・・・

Disc1IのGソロでは熊蜂の飛行やとかを弾いていて、なかなか楽しめます。

目玉はゲストが参加していること。
Disc2@には「Fates Warning」のRay Alderが。G〜Iのメイデンの曲はBruce DickinsonがともにVoで参加している。
曲の終わりに色んなアーティストの曲を演奏している。Disc1Bで'Hot For Teacher','Paradigm Shift'',Moby Dick','YYZ'など。

1998年5月22日のライブの一部が「TheJordan Experiment」に収録。

「NIGHTTOWN NOSTALGIA」





Disc1
1.Introduction
2.Speak To Me
3.Lifting Shadows Off A Dream
4.Hey You
5.The Silent man
6.To Live Forever
7.Cover My Eyes
8.Another Day
9.Take Away My Pain
10.Wait For Sleep
11.excerpt of Mean Streets
12.Goodbye Yellow Brick Road
 (ELTON JOHN)
13.Eve
Disc2
1.Anna Lee
2.Carpe Diem
3.Hollow Years
4.excerpt Of paradigm Shift
5.The Way It Used To Be
6.Bad (U2)
7.Peruvian skies
8.The Silent man
9.Traial Of Tears

1998年6月22日。ロッテルダムでのファンクラブ向けのアコースティックギグ。非常にリラックスした雰囲気で、珍しいカバーをたくさんやっている。
Disc1Kは「Van Halen」の曲でイントロだけ。クレジットからは抜けているがKは「Elton John」の曲でラブリエにマッチしていてすばらしい出来。

音も非常によく、DATによるオーディエンス録音だがサウンドボードといってもおかしくない音質。
このライブはアコースティックなので、ラブリエもがなることなく本領発揮といったところで、内容は最高級に良い。Disc2AはACOSの一部。

特にDisc2Gのエレキバージョン。アレンジが非常にかっこよくラブリエもいい感じです。
Disc1Gは最初ミスってやり直していますが、この曲とDisc2GでSAXをファンの一人が弾いていますが超かっこいいです。がAnother Dayで観客は歌わんでよろしい!!
SAXの音色というものがどれほど素晴らしいかを実感できます。流石に素人だからかミスってますけど(笑)

このライブはラブリエのベストのひとつでしょう。よくけちをつけられることがありますが、アコースティックでは未だにすばらしい歌唱を聴かせてくれます。
唯一残念なのは、ところどころで登場するバックのへたくそなバックボーカル。Disc2Dなんて死にかけの犬みたいなコーラスが怒りを通り越して涙を誘います。
ラブリエの邪魔しないで・・・
Disc2Eなどは本当に犬のほうに吼える。ホーホーって。何じゃその掛け声はという突っ込みを入れたくなります。美しい曲なのに。

「FORUM,LONDON 6.23 '98」 DVD-R





1.The Crimson Sunrise
2. Innocence
3.Puppies On Acid
4.Just Let Me Breathe
5.Take The Time
6.Piano Solo
7.Anna Lee
8.Goodbye Yellow Brick Road
9.Speak To Me
10.Piano Solo/
11.Lines In The Sand
12.〜Caught In A Web(w/Dr Solo)
13.The Way It Used To Be
14.Peruvian Skies
15.G Solo〜 Paradigm Shift
16.Pull Me Under
17.Metropolis pt.1
18.Lerning To Live
19.〜The Crimson Sunset

1998年6月23日、ロンドンでのオーディエンスショット。この日は珍しくポートノイのサイトにセットリストが載っていないんで書き写さないと。
少し遠いがステージ右後ろからの中々のショットでカメラワークもばっちりなのだが、音がモノラルでスカスカなんです。(涙)
Dの後に少しジャムをして、Hot for Teacher、Moby Dickで終わる恒例のバージョン。
F〜Hまではミニドラムを使ってのバージョン。この曲でペトルーシがなんと!テレキャスでスライドバーを使っている!!!!!!
この映像はレアなのに、音が…  
さらに続くIでデレクが弾くピアノでの
Lines In The Sandはかなりイイ。
Kは映像が途切れていきなり曲の途中から始まる。Nでローディーがキーボードをたたく場面があるがこいつがうまい(笑)
この日はやたらとMCが多く、そして長いです。いつ聴いてもO〜Qの流れは何回聴いても感動する。

「TWICE IN A LIVE TIME」 DVD



Disc1
1.Intro
2.Under A Glass Moon
3.The Making Of Images And Words
4.Pull Me Under(Clip)
5.Take The Time
6.Kimonos&Condoms
7.Wait For Sleep
8.Surrounded
9.The Ytse Jam
10.Another Day(Clip)
11.To Live Forever
12.A Fortune In Lies
13.Abbey Road
14.Puppes On Acid  〜Take The Time
15.On The Road '93
16.Pull Me Under
Disc2
1.Intro
2.Burning My Soul
3.Cover My Eyes
4.The Making Of Awake
5.Lie (Clip)
6.6:00
7.Voices
8.The Silent Man (Clip)
9.Damage Inc.
10.Easter 
11.Starship Trooper 
12.The Making Of Falling Into Infinity


13.Hollow Years (Clip)
14.Puppies On Acid
     〜Just Let Me Breathe
15.Perfect Strangers 
16.Speak To Me
17.Lifting Shadows Off A Dream
18.Anna Lee 
19.To Live Forever
20.On The Road '98
21.Metropolis  PartT
22.Peruvian Skies
23.Learning To Live 
 〜A Change Of Seasons VII: The Crimson Sunset

すっげー物が出た。「Live In Tokyo」と「5Years In A Live Time」の2本のビデオが一枚のDVDになって再発。
ヤフオクで結構いい値段で取引されていたので、一般ピーポーには喜ばしいのではないのでしょうか。
内容的には全く同じだが、特にDisc1は何回見ても感動。この時代のDTはまさに向うところ敵なしです。このDVD化で1993年の絶好調のDTのライブをいつでも見れるようになりました。

かっこいーーー! かっこよすぎるぞ。Dream Theater最高!! これ見てイイと思わなかったら何がええっちゅうねん。
今見ても体温が1℃は確実に上がり、心拍数も上昇します。管理人の人生に多大なる影響を与えたTake The Timeを見てコブシをあげ、Another Dayで号泣。
選曲・ラブリエの声・メンバーの演奏どれをとっても非の打ち所がありません。完璧です。

お値段は6300円と少々しますが、Disc1を見れるだけでも買って全く損はありません。っていうか
買え!(笑) マジで買いなさい。買いましょう。買えー!
DVDらしくメンバーのコメントなど英語の字幕も出せるので、学生さんは英会話(?)の勉強になるといって親に買ってもらいましょう。

「5 YEARS IN A LIVE TIME」 VIDEO


1.Burning My Soul
2.Cover My Eyes
3.Lie (Clip)
4.6:00
5.Voices
6.The Silent Man (Clip)
7.Damage Inc.
8.Easter 
9.Starship Trooper 
10.Hollow Years (Clip)
11.Puppies On Acid
12.Just Let Me Breathe
13.Perfect Strangers 
14.Speak To Me
15.Lifting Shadows Off A Dream
16.Anna Lee 
17.To Live Forever
18.Metropolis  PartT
19.Peruvian Skies
20.Learning To Live 
21.A Change Of Seasons VII: The Crimson Sunset

1998年6月25日パリでのライブの模様や@、A、1995年1月31日のロンドンでのカバーライブ、F〜H
そして1995年1月のAWAKEでの日本ツアーのC、E様子などを収めたオフィシャルビデオ。
ゲストが多数参加しているカバーライブの映像が貴重かも。

「ONCE IN A LIVETIME」


Disc1
1.A Change Of Seasons T
 :The Crimson Sunrise
2.A Change Of Seasons U :Innocence
3.Puppies On Acid
4.Just Let Me Breathe
5.Voices
6.Take The Time
7.Drek Sherinian Piano Solo
8.Lines In The Sand
9.Scarred
10.A Change Of Seasons V:The Darkest Of Winters
11.Ytse Jam
12.Mike Portnoy Drum Solo
Disc2
1.Traial Of Tears
2.Hollow Years
3.Take Away My Pain
4.Caught In A Web
5.Lie
6.Peruvian Skies
7.Pull Me Under
8.John Peterucci Guitar Solo
Medley
9.Metropolis Part 1
10.Learning To Live
11.A Change Of Seasons Z 
: The Crimson Sunset

1998年6月25日。パリでのオフィシャルライブアルバム。この日はビデオも撮影されており、アコースティックライブをいれトータルで3時間半もの長丁場のライブ。
ラブリエの調子はいまいちだが、アレンジが結構凝っている。
「Lynyrd Skynyrd」の'Freebird'を組み込んだDisc1のE「Pink Floyd」の'Have A Cigar'、Disc2Eは「Metallica」の'Enter Sandman'をいれていたりとか、珍しいアレンジが聞ける。
3日前、ファンクラブのギグをしたことによりかなりリラックスしているのだろうか。全体的にラブリエが苦しそう。

「LOST PARIS TAPES」


1.Burning My Soul
2.Under A Glass Moon
3.The Way It Used To Be
4.Anna Lee
5.Speak To Me
6.Hey You
7.Goodbye Yellow Brick Road(ELTON JOHN)
8.Cover My Eyes
9.Take Away My Pain (no alto sax)
10.Metropolis Part1 (demo)
11.To Live Forever (demo)

Disc1@〜Hまでは1998年6月25日の「ONCE IN A LIVETIME」のアウトテイク音源。I、Jは1991年5月にNYで作成したデモで「THE ATCO DEMOS」でオフィシャルで発表されたので価値はない。
Hは正直オフィシャル盤に後から入れられたSAXは余計だと思っていたのでなくなってよかった。
個人的にはFがラブリエの声にマッチしていてお気に入りです。

「WALDROCK」


1.A Change Of Seasons 
(The Crimson Sunrise 〜Innocence)
2.The Mirror (Puppies On Acid)
3.Just Let Me Breathe
4.Take The Time
5.Hollow Years
6.Caught In A Web
7.Lie
8.Peruvian Skies
9.Pull Me Under
10.Metropolis Part1
11.Learning To Live
〜A Change Of Seasons (The Crimson Sunset)

1998年6月27日にオランダで行われたロブ・ハルフォード、マリリン・マンソン等が出演したフェスティバルのオーディエンス録音。
@はフェードインで始まっているので、FM音源のMCカットかもしれません。
@はもちろん途中までで、Bまではメドレーのようにつなげて演奏しています。

リラックスした演奏で、Dは途中でラブリエが吹き出してしまい、歌えなくなります。いったい何が起こったのでしょう?
DとJは一瞬ノイズが・・・。それを除けば良い音です。
Jは4分ほどのショートバージョンで、その後@のアウトロになる展開が非常にかっこいい。
ほとんどメドレーといっていいでしょう。最後は'A Fortune In Lies'のイントロで終わります。
「Infinite Dream」という同日音源がある。

「INFINETE DREAM」


1.A Change Of Seasons 
(The Crimson Sunrise 〜Innocence)
2.Puppies On Acid〜Just Let Me Breathe3.Take The Time
4.Hollow Years
5.Caught In A Web
6.Lie
7.Peruvian Skies
8.Pull Me Under
9.Metropolis Part1
〜Learning To Live
〜A Change Of Seasons (The Crimson Sunset)

1998年6月27日のFMサウンドボード。「WALDROCK」と同じ日。
マスターが違うようでこちらのほうが音質は上で、ノイズもなし。

「GRASPOP FESTIVAL」


1.Undre A Glass Moon
2.Interview With James Labrie
3.The Crimson Sunrise
4.Innocence
5.Puppies On Acid
6.Just Let Me Breathe
7.Peruvian Skies
8.Pull Me Under
9.Metropolis
10.Learning To Live
11.The Crimson Sunset
12.Caught In A Web
13.Burning My Soul
14.I Don't Like You (Nicky Lemons & The Migraine)
15.Just Let Me Breathe

@〜Lは1998年6月28日に行われたフェスティヴァルのサウンドボード。Nは同日のオーディエンス録音。@〜BとJの終わりにもDJのMCが入る。
Mは1998年1月10日の横浜ベイホールでお遊びで行われた楽器持ち替えでNightmare Cinemaと称して行ったカバー曲。voはデレク。
Aのインタビューが入っているので、FM音源ではないかと思われる。非常に高音質です。

「LIVE IN UNIVERSAL」


1.New Millennium
2.6:00
3.Peruvian Skies ( incl. 'Have A Cigar''Enter Sandman')
4.Pull Me Under
5.Hollow Years
6.Metropolis - PartT

DEEP PURPLE , EL&P とのツアーから、1998年8月30日のロサンゼルス公演のオーディエンス録音。
前座なので曲数は少ないがこれでもフル収録。野外フェスティヴァルらしく、音は遠く良くない。
周りの観客もかなりうるさいし、キーボードもあまり聴こえないので、それほど必要ではないだろう。


AN INTIMATE EVENING WITH DREAM THEATER Shows

恒例となっていたクリスマス・シーズンのミニツアーを地元NYを中心に5回だけ行った。
このときに1998年6月22日のファン・クラブギグと同様に、アンプラグド・タイプでカバー曲などが演奏された。


「HEADING FOR PLANET X」


Disc1
1.Intro
2.Speak To Me
3.Lifting Shadows Off A Dream
4.Hey You (Pink Floyd)
5.The Silent Man
6.Where Are You Now?
7.Rush Medley (Different Strings /Analog Kid /La Villa Strangiato)
8.Eve 
9.Wait For Sleep
10.Since I've Been Loving You  (Led Zeppelin)
11.Led Zeppelin Medley
12.Take Away My pain
13.Hell's Kitchen
Disc2
1.The Way It Used To Be
2.Another Day
3.Hollow Years
4.To Live Forever
5.Bad (U2)
6.Van Halen Medley
(Hot For Teacher/ Mean Streets/Ice Cream Man)
7.Paradigm Shift
8.Oh Holy Night
9.Cover My Eyes
10.Goodbye Yellow Brick Road (Elton John)
11.Anna Lee
12.Nightmare Cinema    (Perfect Strangers -Deep Purple)

1998年12月29日NYでのライブオーディエンス録音。音質はいい。
年末の地元でのライブなのでかなりリラックスしているためか、カバー含めレアな曲ばかり。
デレク在籍時の終盤を楽しいカバーで飾っている。翌日30日がデレク最後のライブ。
ボーナストラックもレアで、Disc2Hは1998年12月26、Disc2I〜Kは、1998年12月27日のライブ。
Disc2Kはこの時期のツアーでよくやっていた楽器取替えをしての演奏。Nightmare Cinemaというバンド名にしてこのツアーで結構やってます。
お茶目なDTを見せようと思っているのでしょうか。はっきり言って演奏は・・・・です。

「TRIAL OF SINGLES」


1.To Live Forever
2.Another Day (live)
3.Take The Time (Demo version)
4.Eve
5.You or Me (Demo version)
6.The Way It Used To Be
7.Burning My Soul (Live)
8.Another Hand / The Killing Hand (Live)
9.Take Away My Pain (Demo version)
10.Speak To Me (Demo version)
11.Tears (Live)
12.The Silent Man (Acoustic Version)


このブートは歌詞カードとかついていて思わず、オフィシャル版かと思ったほど丁寧なつくり。音質もおそらくオフィシャルのコピーのためよい。
この中で特筆するべきレアな音源はないが、一気に集めるには便利です。よくあるB面の寄せ集めのブートです。

@A「Lie」のシングルから。Aは1993年4月23日「LIVE AT THE MAQUEE」からのライブ。
BC「The Silent Man」のシングルから。D〜Gは「Hollow Years」のシングルからで、FGは1996年12月14日のニュージャージーでのライブ。
HIは「FALLING INTO INFINITY」の日本盤ボーナストラックシングルから。
J・Kは1995年2月14日にオランダのラジオ局「Veronica」のDowntown Cafeに出演した際のスタジオ・アコースティックライブ。「GUITAR TALKIN'」にも収録されている。




 

年代別
1985年〜  1991年〜 1994年〜 1996年〜 1999年〜 2002年〜  2004年〜 2005年〜 2007年〜 2009年〜 戻る

 

SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO